FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

グローバルを名乗る資格があるのは幸福実現党だけ

 今朝のNHKニュースによれば、自民党の外国人労働者受け入れ拡大(しかし抑制的)に対して、野党は「事実上の移民だ!」の構えだそうです。
 立憲民主党・日本共産党と日本第一党とが一致する時代が来るとは思っても見なかった。もっちも桜井誠さんに言わせれば「共産も立民も本当は移民賛成」であり、全く、桜井誠さんの言ってることは正論である。
 公明党がどういう回答になってるのか分からないけれど、今や、グローバリズムやダイバーシティを語る資格があるのは、結党以来移民受け入れ賛成を主張する幸福実現党だけになったようである。
移民を受け入れ、豊かで魅力ある日本にするために/幸福実現党
http://hrp-newsfile.jp/2018/3399/

yomeirape.jpg ちわ。昨日、NHKで余命三年の懲戒請求事件を扱った番組があったらしいですね。私は見てないのですけど、江川紹子さんが高く評価していたようですから、きっと見なくて良かったのでしょう。そういえば、せんたくさんこと小野誠さんはお元気なんでしょうか。
 なんだか、悪役同士のプロレスみたいで、どこにも善玉・褒められるべき人がいない不思議な事件でした。怪しい懲戒請求を送れと主張した余命氏、軽い気持ちで住所をしっかりと書いた支持者、いくら正義を気取っても素人相手にSLAP訴訟を起こした共産党弁護士。その後どうなったのかよく分からないまま、情報が途切れてしまいましたが、どうやらマジで損害賠償を請求したみたいですね。
 橋下徹氏は、Twitterで相手を攻撃する際に、素人はボコらないで有名人だけをボコってたそうです。まあ、それが普通でしょうが、どうしても共産・立民のような左翼政党支持者は、どういうわけか「国民は馬鹿だ」「アベを支持するやつは頭がおかしい」に走りやすい気がします。もっとも最近は保守派も左翼をストレートに攻撃するようになりましたが、相手の言論を封殺する技術においては、左翼の方に一日の長があるようです。昨日、昔の右寄りなYoutubeを見ようと思ったら、もうなかったものが多かったでした。もっとも、右系動画が潰れても左の動画に人気が集まるわけでもないのですが。
 しかし、日本第一党のヘイトデモも完全に下火、杉田水脈衆議院議員の口封じに成功、余命三年の崩壊と、こと嫌がらせに関しては着実に左翼は成功を収めています。一方、保守派は中核派の前進チャンネルもひかりの輪チャンネルも潰せず、何もポイントを稼いでない気がします。それどころかご存知のように、安倍様が移民を受け入れた、安倍様が消費税10%に増税と、最近は反安倍攻勢を強めています。

 安倍総理を叩くだけの簡単なお仕事同様に、在日韓国朝鮮人を叩くだけの簡単なお仕事も、限界が来たような気がします。今は安田純平景気でマスコミ攻撃ができますが、それが現実政治に影響を与えるとは思えません。
 政治はなかなかきれいすっきりいかないものです。そもそも、世の中みんなそうじゃはいですか。今、保守派が叩いている移民と消費税が、まさにその典型でしょう。外国人労働者を受け入れないわけにもいかないけれど、多くの国民はヨーロッパの惨状を警戒している。消費税は上げざるを得ないけれど、生活必需品は現状の8%で行こう。それは安田純平だって同じで、見殺しにするわけにもいかず、かといって北朝鮮に拉致された被害者と同等に扱うわけにもいきません。
 憲法改正も、未だに「3項」の条文が出てこないいようなので、どうやら来年参院選の国民投票は雲行きが怪しい気がします。おそらく、公明党の回答がそのまま結論になるでしょう。しかし、それが明白になれば、ますますネット右翼と呼ばれる人たちは安倍離れするでしょう。もっとも、何でも「安倍の逆」の野党が、「安倍が9条経験を放棄した。国軍認知を放棄した」とは流石に言わないでしょうが(笑)。
 憲法9条だって、どっかで妥協点を探すしかありません。あの条文が意味することは、間違いなく軍隊の非保持です。おそらく中学生くらいになれば、本当はみんな知っているでしょう。自衛隊を解散して安保条約を破棄する意思がない以上、本来は改憲が必要です。しかし、できない以上、ああいうまやかし解釈でやっていくしかありません。
 案外、国民の間にも「解釈改憲」「まやかし改憲」も定着しているのではないでしょうか。

 ではまた。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10013:Re: 優先順位が低い改憲 by sinzinrui on 2018/11/04 at 12:24:11

みれい様

どうも、来年秋の国会での改憲は難しそうな感じです。

個人的には、たとえ否決されても、一度やったほうが良いと思います。

そうすることによって、この憲法は「アメリカ押しつけ憲法」でないこと
が明白になります。一度「9条」を国民投票にかける意味は、大きいと思
っています。

仮に否決されても、その道を日本人が選んだ事実は残ります。
憲法9条に伴う不幸の責任も、明確に日本人が背負うのです。

10004:優先順位が低い改憲 by みれい on 2018/10/30 at 11:24:59 (コメント編集)

善か悪か、白か黒か。
そんなに単純に割りきれないのが政治なんですよね。
対立する意見を調整し、合意を見出だす作業。
だから、独善は通用しない。
柔軟さとバランス感覚が必要なのです。

それを無理矢理、善悪二元論に持っていこうする。
それが、右や左の悪いところ。
安保法にしろ、テロ等準備罪にしろ、カジノ法にしろ…
野党は、認めるか認めないか…
0か100か、善か悪かの議論ばかり。
挙げ句の果てには…
「カジノより被災地を!」なんて、馬鹿馬鹿しい論理のスリカエ。
単なる「権力闘争」にしか見えません。
問題点があると言うなら、真面目に修正協議すべきでしょう。
だから「簡単なお仕事」と言われてしまうのです。

安倍政権は、右からも左からも攻撃されている印象です。
石破茂氏の言葉を思い出しました。
「左にいると、真ん中が右に見える」
「右にいると、真ん中が左に見える」

例えば、NHKに対する評価。
左は「政府御用達の放送局」だと批判する。
右は「反日、売国放送局」だと叩く。
評価が正反対なのです。
どちらが、ホントのNHKなのでしょう?

改憲も、国民投票で否決されたら水の泡。
右が騒げば騒ぐほど、国民は冷めていくでしょう。
公明党も野党もソッポ。
安倍さんも馬鹿ではないので、強行突破はしないはず。
それで、右が安倍バッシングをしたら…
「騒ぐこと」が目的の左の護憲派と変わりません。
「実現すること」よりも「騒ぐこと」が、生き甲斐なら仕方ないですが。

安保法が施行されているので…
9条を変えなくても、国民は困らない。
中学生だって、馬鹿ではありません。
「素直に読めば、自衛隊は違憲とも取れるよね」
「でも、自衛隊を無くすなんてナンセンス」
「違憲だ!と騒いだところで無意味」
「これはこれで、いいじゃない」
そんな感じではないでしょうか?

どんなに憲法学者や左翼が騒ごうが…
「自衛隊は合憲ということで、いいじゃない」
そんなコンセンサスが、国民には形成されているのでは?


制限速度50キロの道路があり…
みんな60キロで走行していたとします。
それに合わせて、制限速度を60キロに変えてしまったら…
今度は、70キロで走る車が出てくる可能性があります。
建て前だけでも…
自衛隊は軍隊じゃないと言っておくのも、一つの知恵ではないでしょうか。
そもそも、フルスペックの集団的自衛権を行使できないわけですから…
完全な「軍隊」じゃないとも言えます。

自民党と公明党の綱引きの末に、安保法が成立。
限定的な集団的自衛権の「限界」が規定されました。
依然として、国際法上のいわゆる「集団的自衛権」は認められていない。
「戦争できる国になった」というのは、左翼の宣伝に過ぎません。

逆に、これ以上の「解釈改憲」が無理になったとも言えます。
もう「解釈改憲」の余地はないのです。
だから、せめて「自衛隊」を書き加えたいのかもしれません。
安倍さんの気持ちは理解できなくはないですが…
はっきり言って、優先順位は低いです。
憲法に自衛隊が明記されなくても、国民は生活に困りません。

「憲法守れ」という左の方々。
「憲法変えろ」という右の方々。
どちらも、国民生活から解離した議論ばかり。

不毛な論争をする暇があるなら、もっと国民生活を良くしろ…
それが国民の声ではないでしょうか。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR