FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

テレビを見ていると病気だと思われるよ

 佐々木俊尚氏のTwitterを見てたら、面白そうな記事が紹介されていた。
文春砲の落日~テレビは文春・新潮を急激に取り上げ消費した~/境治
https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20181029-00101734/
sensupu.jpg
 文章の具体的内容は皆さまがご判断ください。
 私が気になったのは、上記論文の主題とも言えるグラフ(週刊文春の記事をテレビが取り上げる回数)である。1月2月はベッキー川谷絵音の大ブームに清原と当たり月。確かに、ベッキー&川谷が馬鹿みたいにブームになったのか相当に論ずるに値するけれど、考えてみればその後も宮崎謙介の育休不倫や舛添要一の無駄遣い等、確かににセンスプ砲が炸裂していた。
 私が「あれ?」っと思ったのは、左のグラフが切れている2016年7月8月である。上記リンク先の全体グラフを見ても、大した山になっていない。しかし、その時に、ネットでは未曾有の騒ぎになったあの事件「バージンだと病気だと思われるよ」が起きているのである。
 文春がセンスプと呼ばれて以来、政治ネタであそこまで盛り上がった事件はなかったと思う。ちなみに左記グラフのAがASKA、Bが上西小百合、Cが武藤貴也。カイヨー事件は選挙中でもあり、自分の印象ではゲス不倫に匹敵する事件である。そして、保守分裂で民進・共産軍の必勝だった筈の選挙が、終わってみればカイヨーは大敗。センスプ砲の威力で、「高名なジャーナリストで都知事200%」だった人が、「女性の敵」「変態記者」に転落してしまったのだ。
koushokusenkyohou.jpg しかし、実際にテレビは「あの事件」を殆ど報道してなかった。無論、選挙期間中の出来事だったとはいえ、少なくともニュースでは(自分の記憶では)皆無だった。しかし、世の中に「カイヨー」という言葉を知らない人がどれだけいるだろうか。「バージンだと病気だと思われるよ」と違って、何しろ「カイヨー」は文春でも使われなかった全くのネット造語である。そんな言葉が流行するほどに、あの事件は、まあ要するに「面白かった」のだ。

『単純な話だと私は思う。文春はテレビに飽きられたのだ。“文春砲”とはもう呼ばれなくなっている。』
『なんだかんだ言って、我々のリテラシーは上がっているのではないか。フェイクニュースには気をつけろ。スキャンダルに振り回されるな。我々が新時代のメディア環境に慣れるために、文春砲に踊る日々は必要だったのだろう。』
 そうなのかな、という気がする。週刊文春に健康記事が多いのは、確かに読んでるのがオッサンだからと思う。しかし、テレビが襟を正して、文春のスキャンダリズムを利用しなくなったというのは違うと思う。そんなにテレビ(民放)が崇高な論理で動いているとは思えない。私は殆どテレビを見ないので正確な判断ができないが、そんな立派なメディアリテラシーを持った視聴者に支えられたテレビが、毎日のようにホクロ女の馬鹿騒ぎに熱中するだろうか。ホクロに飽きたらテニスがうまい黒人を出して一騒ぎ。
 そもそも、健康記事や年金記事を増やしたほうが良いのは、週刊文春よりもテレビの方だろう。しばしば保守系のネット動画でネトウヨならぬ「テレサヨ」という言葉が使われる。テレビを見ているのが老人ばかりで、テレビでは毎日のようにモリカケをやっているので、ただでさえ若い頃にゲバ棒や民主化棒を振り回してた珍棒団上がりが多い層だもの、老人層に左翼支持者が増えるという皮肉である。そういえば、テレビと左翼って、若い世代の悪口が多いよね。あれ、週刊誌の健康記事と同じなんです。なんてったって「視聴者」「支持者」を喜ばせるのが第一の世界ですから。
 だいたい、メディアリテラシーなんて言ってるから週刊文春もテレビも「健康記事」メディアになるのだ。文春は紙で書いたワイドショーに過ぎない。インターネットはメディアリテラシーなんか知らん顔だから未だに若い世代に夢を与えてるのだ。
 かつてはテレビだってそうだったではないか。1960年~80年、志村けんが殿様に扮して若いアイドルにセックスさせろと迫り、加藤茶がストリッパに扮し、ビートたけしが容姿の不自由な女性を10名殺害してハワイに行こうと叫ぶ。もちろん「メディアリテラシー」ある人々は非難轟々だが、当時の若い人は大拍手を送った。
 テレビは文春を見放したどころか、今のテレビは老人すぎて、週刊文春にもついていけなくなったのではないか。まだ週刊文春の方が、反則やる気満々である。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

過去人気記事(2020.6.24~)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR