FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

オウム真理教死刑囚は永遠の青年のまま死んだ。

「山田らの集団」対策会議/日本テレビ
http://www.news24.jp/nnn/news16331584.html
教団と闘い続ける滝本弁護士、オウムの恐ろしさ語る
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12168-11053054/
 相も変わらず嫌われまくるオウム真理教(ALEPH・ひかりの輪・山田らの集団)であるが、マスコミにとっては相変わらず「大人気」である。大きなテレビも小さなイベントも相変わらずオウム真理教の企画を取り上げ、それを喜ぶ「固定客」が存在する。Twitterでは相も変わらず、第三世代オウマー(?)が熱心に「何でこんなの持ってるの」という資料を熱心に公開している。

 もちろん、オウム真理教「人気」の秘密は、地下鉄にサリンを撒いて沢山の人間を殺したところであるが、それだけで説明がつくだろうか。最近、変なことを考えてTwitterに書いたら、案外と好評だった。
 ちょうど、沢田研二がカーネル・サンダースと化して失笑を買っていた頃。オウム真理教の幹部(死刑執行済)って、常に若い頃の写真しかないから、だからいつまでも「不思議の対象」でいられるし、ゆえに20年以上経っても「オウマー」が後を絶たないのではないかと。何せ自分も狂信的オウマーだったので、他人を非難できる義理ではないのだが、「昔の若い頃の写真しかない」というのは、案外と「大きい」気がするのだ。
nanemoyasi.png オウム真理教のテロリストは、永遠に「心優しきテロリスト」のまま、「劣化ぶり」を知られないまま、世を去った。昔、小林よしのりが「麻原彰晃の髪とヒゲをバッサリ剃って整髪させてスーツ着せて信者に見せたら」云々とギャグをかましていたが、あれは案外と本質をついている。裁判に行った人によると、尊師もあんなカッコイイたてがみはなく、逆にミラレパ正大師も髪の毛が生えてきてしまっている。しかし、彼らを含めオウム真理教幹部はすぐに刑務所に入り、劣化した姿を見せることなくカルシウム粉になってしまった。いわば伝説化してしまったのだ。そういう意味では、劣化して烏山で叫んだ石井久子は、オウム真理教崩壊に貢献している。
 不謹慎な言い方だが、岡田有希子みたいなものである。オウム真理教死刑囚は、おかっぱ頭でミニスカートよまくれろとばかりに腰を振り、永遠に「まめもやし」で拍手喝采が得られる前田敦子のような存在。永遠に「劣化」と揶揄されることもなく、結婚報道もなく(あ、獄中結婚してるか)、永遠に「デンジャラスなアイドル」でいられる。しかも、岡田有希子と違って、彼らはつい最近まで生きていたのだ。

 もっとも、劣化しない上祐や、「優化」してしまったアーチャリーのような存在もある。そう考えてみると「上祐史浩」という男も、オウム真理教伝説を相当に確固たるものにしている。いわばイメチェンしたアーチャリーと違って、上祐史浩は23年間全く姿も芸風も変わらなかった。しかも彼はネットどころかテレビ・ラジオ新聞等、文化人として利用する媒体が多い。そこにいるのは「23年前」と何も変わらないマイトレーヤ正大師。変わることない上祐史浩を見続けて、変わった姿を見ることが出来ない12人の高弟たち。なるほど、オウム真理教は永遠なわけである。

 そういえば、松本麗華さんの著作は「止まった時計」だった。
 あれ、報道しないのが一番いいと思うんだけど、多分そうしないでしょう。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10020:Re: 麻原は「オウムの岡田有希子」になってしまう? by sinzinrui on 2018/11/08 at 08:21:49

みれい様

そうなんですよね。
「宅配便で働く上祐さん」をテレビで流したら、信者も激減なんですけど、
彼、「あの界隈」にいたほうが得なことを知ってますから、絶対にやりません。

10016:麻原は「オウムの岡田有希子」になってしまう? by みれい on 2018/11/07 at 08:23:01 (コメント編集)

伝説のアイドル・岡田有希子さん。
今年の三十三回忌には、300人ものファンが現場に集まったそう。
有希子ファンの友人が居るのですが…
年々、人数が増えていると言ってました。
「劣化」知らずの永遠のアイドルは、心から消えない?


そう言えば、11月6日は本田美奈子さんの命日。
堀越学園では、岡田有希子さんと同級生でしたね。
彼女のファンも、いまだに数百人規模のイベントを開いているそう。
岡田さんも本田さんも、生きていれば52歳。
やはり「本人不在」は、神格化を招くのでしょうか?

麻原も老体を晒した方が、信者の「幻想」は解けたのかもしれません。
佐村河内さんが、長髪や髭を剃って出てきた時…
一気に虚像が消滅した感じでした。

ある意味で、上祐さんは罪深い存在ですね。
カルトの世界から離れようとせず、罪に罪を重ねている印象。
「やり方が間違っていただけ」だと主張してるように見えてなりません。

三浦和義さんや小保方晴子さんと同様に…
メディアも面白がって、「疑惑」の彼を重用するでしょう。
社会復帰して、宅配便運転手か介護士でもやってもらった方が…
よほど、信者や世間へのメッセージになると思います。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR