FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「地球市民」「国境なき世界」は人類最悪の格差社会

 最近この日記で何回も書いてますが。

 ヨーロッパの失敗を参考にして、グローバル社会実現を目指す自民党・公明党の苦労により、抑制的に外国人労働者を受け入れる入管法改正案が衆議院を通過しました。何でマスコミは騒いで、左翼学者は狂ってるのでしょうか。よっぽど移民受け入れが憎いのか。そのうち、「良い移民も悪い移民もない。皆○しにしろー!」「移民は大人から子供まで皆○しにしろー!」と叫びださないか心配です。
 国会では、立憲民主党・日本共産党を中心に、野党はヘイトスピーチ・ヘイトデモを繰り返し、世界中に恥を晒しました。ネットでも日本共産党や日本第一党(在特会)の支持者が、世界の人達と仲良くしようとする人々に対して、レイシズムだネトウヨだと罵倒・言いがかりを繰り返して、日本の民度の低さを露呈しました。

 安倍様の内閣は、「外国人との共生社会の実現」を目指しており、自国第一主義を目指すトランプ政権に逆らってでも、グローバル社会を目指しています。ナチ・極右・レイシスト大好きでEUが大嫌いなイギリス・ドイツ・フランス・イタリア等、民主主義後進国の連中は、安倍様の爪の垢を煎じて飲んで、御本尊の前で唱題でもしてれば良いのだ。
 ちなみに、立民党には対案なんかありません。
野党、参院でも徹底抗戦へ=対案で足並み乱れも-入管法審議
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112701084
『ただ、今年の通常国会で、「働き方改革」関連法の採決などをめぐって立憲と当時参院野党第1党だった国民が異なる対応を取り、両党には溝が残る。入管法改正案でも、立憲が対案提出に否定的なのに対し、国民は提出を検討しながら衆院段階では見送った経緯がある。』



 それはともかく、ここからが本題
 国境なき社会。どういうわけか世界中の進歩的な人々を魅了した。人類史上もっとも罪のない人間を虫けらのように殺したマルクス主義がその典型。しかしマルクスは、ホモには生産性がない、じゃなかった地球全体の生産力が飛躍的に向上した「超金満国家」になれば実現すると言っているに過ぎない。
 しかし「国境のない社会」は、流行歌にも登場するほどにお手軽な理想社会の代名詞になるまでに、多くの教養ある地球市民(笑)に定着した。そして、EUができ、グローバルにダイバーシティ、実践の段階に入ったけれど、ちっともうまくいかない。それどころか、移民で儲ける大企業、移民を呪い極右思想に走る一般市民。格差がますます激しくなる。

438.jpg 国境のない社会になれば戦争がなくなるどころか、関税もなくなり安い労働力も搾取し放題。多国籍企業がウハウハ儲かり、格差はますます広がる一方である。
 家族制度を解体して女性の社会地位を向上させて性も自由にしたら、金持ちの男や美少女がセックスし放題になる一方、大量の男余り女余りが産まれただけの話。シングルマザーにシングルファザーが金がなくてヒイヒイ言って、子供はグレてシャブや援交やヤクザに走る。同じことだ。

 「国境なんかいらない」なんて嘘。むしろ「究極のオタク」と化し、自分の「国境」内にこもって、二次元の世界で理想の恋人たちと戯れている方が素晴らしいではないか。国境のない社会は間違いなく一部の金持ちがますます得をし、社会的弱者が次々と失意の中で発狂死する社会である。それよりも、地球市民75億人が全員自分の中で国境を作り、マユの中で自分の私的部分を守るほうが理想社会に近いのではないか。

 国境をなくすのと逆の発想。可能な限り、国境をふやしていく。そして「国境内」では各々の構成員の自治に任される。社会化よりも個人化。
 それが極端と思うのならば、「地方自治」はどうか。国ではなく、県に権限を下ろす。更に市区町村に権限を下ろす。地元の事情は地元の人間が知っている。だから、何でも国がやるのではなく、更に都道府県がやるのではなく、地元の人の民主主義に任せる。普通の考え方である。
 それを更に推し進めれば、個人個人が国境を作ってしまい、必要最小限のこと以外は介入されない社会こそが、真の民主主義社会と考えるのは、そんなに不自然とは言えまい。

 思うに、しばしば1パックで販売されているグローバルとダイバーシティとは矛盾した概念なのだ。いや、グローバルを推進すれば必然的に差別的になるので、多様性を強調せざるを得ないというべきか。
 しかし、だったらグローバルをやめて、国家も権限を委譲して、地方自治も縮小して…の方が、手っ取り早く多様性が実現する筈だ。おかしなマルクスの亡霊に騙されるのはやめよう。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR