FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

自由からの逃走ー私の人生、28万円で売ります

 イギリス人も楽しい奴がいるな。
「人生の決断、代わりにしてくれる人」28万円で募集/livedoor News
http://news.livedoor.com/article/detail/15999790/
 『あまりにもひどい1年だったから、私の人生を誰か別の人にコントロールして欲しい。現実世界での『バンダースナッチ』のように』

 コンサル業者やカウンセラーの類や加藤諦三みたいな物書きは、イギリスにだって沢山いるだろう。そういうのはお試しにならなかったのだろうか。もっとも、日本でも人生のコンサル業者は役に立たないことが多い。彼女の気持ち、分からぬことはないが、さすがに「ここまで」やる人はいないだろう。



ヒトラーおじさん 自由って思想は、不自由な社会だと「もっと自由に」するために、その意義は大きい。共産国家に住む人間が、言論を自由にして、政治家を自由に選択できる民主主義国家を希求する。そうやって人類は進歩してきた。
 しかし、イギリスのように(多少のタブーはあっても)自由になってしまった国で過ごす人にとって、自由は時折、重荷になる。餓死する自由、不幸になる自由、油断していると他人に支配されて一生を終える自由… そんな自由なんかいらない。三食昼寝付きの生活さえあれば、自由なんかいらないんだよ。

 一方、自由社会でも、ささいなタブーにケチをつけ、「より自由な」社会を希求し、完全なる自由を獲得せんと必至にもがく人がいる。
 しかし、自由の価値は、自分で決められることであって、他人から束縛されないことではない。悲しいかな、絶対自由論者が希求する「完全な自由社会」は、シンギュラリティが起きて、人類が労働の軛から開放されても実現しないかもしれない。
 3年B組の金八先生が言うではないか。「“人”という字は、人と人が支え合ってできている」って。人間が社会を形成する以上、必ずどこかで「不自由」が発生する。



 さて、件のイギリス人の話に戻る。
 アドバイスする人が「当たり」だったら、案外とこの生き方は正しいのではないのか。

 こういうネタになると、脊髄反射でエーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」を思い出す人が多いだろう。
 しかし、自由とは「何の奴隷になるか」が自由なのであって、自分が束縛されないことではない。何しろヒトラーのような独裁者でさえ、絶対自由・絶対幸福・絶対歓喜を得ることなく自殺してしまったのだ。

6e5bf9e1.jpg アリストテレスは「ニコマコス倫理学」で、賢い人の言うことを聞いて生きるのは、賢いことと同じだと言っている(らしい。確かめられなかった)。ニーチェは、神が死んだ(道徳・倫理規範がなくなった)以上、キリストに変わる「超人」ツァラトゥストラを主張した。古来から現代まで、「大衆は賢人の生き方に学べ」という生き方は奨励されて、格別問題はなかったようだ。
 そんな難しい話でなくても、道徳の教科書は、どこの国でもお手本になる人間がたくさん登場し、多くの子供達は教科書に登場する「偉人」達に憧れ育っていく。
 徳は教えられるのか。徳は知識でないので教えられないのでは。それこそアリストテレス以来の難問である。しかし人間はこの難問に対して、「人の上に立つ人」「あこがれの対象の人」という解決策を発見した。誰だって、「あんな人になりたいなあ」と憧れる人を真似て成長していく。

 世の中、努力・人間性と幸福・成功とに大した関連性は存在しない。それはイギリスだって同じだ。
 そんな世知辛い世の中だもの、28万円で人生が好転すれば安いものではないか。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

オウマー日記・人気記事はこれ

最新記事

株価・為替

Yahoo! 天気予報

顔本

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
11位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR