FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

新宿に枝野幸男・市井紗耶香見参。参議院選挙・立憲民主党新宿講演会を見物してきた(1)

 今日は立憲民主党の演説会に行こうと思ったが、その前に、信濃町に行くことにする。
 神奈川県公明党候補の佐々木さやかが立民候補に抜かれそうらしいし、他の選挙区でも苦戦中らしいので、「街の状況」を知りたかった。

minon_kaikan.jpg ああ、そういうことか。
 こんなところで遊んでいる創価学会員なんかいないのか。
 休日にもかかわらず、信濃町創価通りはシャッター通りみたいに閑散としていた。

 仕方がないので、民音音楽博物館で時間を潰す。前に見に行ったことがあったので、出し物は分かっていた。ピアノのお姉さん、「聖戦」に参加しない不良信者および暇人の前でも、全力投球だった。
 そして信濃町の地下食堂街(?)でネパール料理とビール二本を食らって、枝野見物に新宿に向かう。



vote.jpg 雨のため新宿東口・アルタ前に変更されたとの予告がTwitterに流れていた。
 アルタ前と言っても、「田舎者の待ち合わせ場所」ではなく、東口を出て正面の広場。しばしば「この種のイベント」で使われる「あの場所」である。
 広場にはプロレスのリングを少し小さくしたような四角い演壇が作られる。「VOTE」のオブジェが置かれ、その前で活動家風が「老後に不安があるか」を通行人に聞き、「はい」「いいえ」をホワイトボードにシール貼って答えてもらう「いかにも嫌われそうな」アンケートをやっている。

edano1.jpg かなり金をかけたイベントに見えた。既に報道関係者(と思われる人)が50人位、高そうなカメラで待ち構えている。後でわかったのだが、今日のイベントには枝野幸男だけではなく市井紗耶香も来ていたのだ。

 会場周辺では立憲民主党のビラ配り。かつて社民党党首選に立候補して話題を呼んだガチホモ石川大我も、LGBTを訴える虹色のモーホーうちわを配布。なかなかハンサムだった。しかし、何故か私はモーホーうちわ、もらえなかった。私に殺気を感じたのだろうか。



 結論から書いてしまうと、「アベが悪い」ではなく「男が悪い」。
 ジェンダー、フェミニズム、ダイバーシティー、LGBT色を推し進めた印象が残った。
 観客は、正面に300名はいたと思う。歩道が封鎖に近かった。後ろ側にも観客がいたので、400~500人くらいだったと思う。

yogisan.jpg 開始は1時半から。若いアンちゃんが司会だった。なかなかうまかった。
 オープニングは市議会議員紹介。統一地方選で話題を呼んだ謎のインド人「よぎ」さん他4名。
 よぎさん、何を言ったか覚えてない。あと女性が2人男性1人。女性の1人が「サラリーマン時代、朝、男の灰皿を洗わされた」「女性はこういう戦いを」とか、そんなことを言っていた。男性は保育士。



 確か、この最後の方で、比例区選出の候補が会場の前に並んだ。ここで全ての観客が気がついた。
 白沢みき(自ら、後ろから数えたほうが早いと自己紹介)、石川大我(説明不要のガチホモ、社民党から移籍)、そしてモーニング娘(句読点省略)プッチモニの市井紗耶香。

hireiku1.jpg 地方議員の紹介が終わると、比例区の3人が登壇。
 当然のように、白沢・ガチホモ・モーニング娘の順にマイクを持つ。

mikitiger.jpg 個人的には、白沢みきの演説がしっくりきた。彼女の「おひとり様」の幸福を訴える演説は、「同類」の自分にとって一番納得できた。
 確かこんな話だった。東京には35%もおひとりさまがいる。なのの世間は「結婚して2人子供作って」が標準化のように言う。おひとりさまにもセーフティーネットが必要だと。

 そしてガチホモ・タイガー石川。もちろんホモ婚OKにしろとか、そんな話。
 運動員がタクシーに乗ったら、タクシー運転手に「ホモキモい、死ね」って言われて寝込んでしまった話が妙に笑えた。18時半から別のホモなイベントを実施するとのこと。

 メインの市井紗耶香。私は14歳でデビューして、20歳で出産しました。そして、4人子供を生みました… あとは忘れた。

 あ、申し忘れましたが、何せ会場はビッシリで、メモなんか取れる状態ではない。写真を取るのが精一杯。しかもムシムシして、相当に苦痛だった。
 とにかく、子育ては大変だということらしい。



 市井紗耶香、さすがに「ステージさばき」は他の二人より上手い。
 3人が並んでいても、「自分がセンター」「自分が盛り上げる」ことを意識した動きをしていた。他の弁士が喋っているときも、話の一つひとつに「うん」「うん」とうなづき、笑顔を絶やすことなく、手を振るべきところでは手を振る。やっぱりアマとプロは違うものだ。

 ただ、正直、オーラは全く感じなかった。
 「この人、本当にトップスターだったのかな」というのか、どこか「軽い」のだ。アイドルの面影というのか、出演者を食ってしまうような迫力というのか、そういう「たたずまい」が伝わってこない。

 そん印象をうけた。


ichii1.jpgedanonn.jpg



 ここまで前半。ご要望があれば続きも書きます。
 後半は、ゲストスピーカー、東京選挙区の二人、そして枝野幸男。
 リクエストなかったら、やめ。
 だって、もう動画が上がってるんだもん。俺、写ってるかな。わくわく。

 やる気を無くしたところで、ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

過去人気記事(2020.6.24~)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR