FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

共産主義は怪獣であり、ウルトラマンである (「解放」間近の韓国に思う)

「解放」間近の韓国


 今頃、家族連合(統一教会)は困ってるのではないだろうか。
 統一教会の経典原理講義によれば、民主と共産が対立している38度線がある韓半島で第三次世界大戦が起き、民主の陣営(神のj陣営)が共産陣営(サタンの陣営)に勝利するとなっている。
 しかし、現実の朝鮮半島は、何故かサタンの陣営が優勢。
 文在寅就任時に囁かれた「朝鮮半島は両方とも社会主義」「朝鮮半島は北朝鮮が統一」の揶揄も、もはや誰も笑えまい。
 
kitagatukuttazaitora.jpg 文在寅を「北が作った韓国大統領」と呼ぶ人もいる。
 ここの読者にはお馴染みだろう篠原常一郎氏も、同様な見解を示しているどころか、文在寅氏が主体思想の影響していることを指摘し、文在寅氏の朝鮮労働党の秘密党員疑惑を展開している。

 GSONIAが破棄したところで、喜ぶのは北朝鮮と中国だけ。
 ますます「赤化」する朝鮮半島。
 いや、考えてみよ。未だに多くの愚か者が、ベトナム戦争でアメリカが敗北し、ベトナムが「統一」され「解放」されたとシラフで言ってるのだ。
 韓国人民は、今まさにアメリカ帝国主義による搾取の楔から「解放」されようとしているのだ。

共産主義はなくならない


 おそらく多くの日本人は、共産党に投票している人を含めて、地球上から共産主義国は遅かれ早かれ、なくなると思っているだろう。北朝鮮も中国も、あっさりと民主主義化しても何ら驚くに値しない。そんな風に漠然と考えている人は多いと思う。

 しかし現実には、北朝鮮も中国もますます勢力を拡大している。雨傘革命も「悲劇」で終わる可能性が否定できない。チベット問題だって、こうしてる間にも次々と「浄化」「最終的解決」が決行されている。

20170227191944.jpg それなりの自由で民主主義な国では、共産主義は独裁と言論の自由の否定と、一般市民の大虐殺と差別と格差拡大と、戦争と強姦と貧困しか生み出さないことはもはや常識になってる。
 しかし、日本が良い例だ。未だに共産主義の信奉者は多い。ソ連は本来の社会主義ではない、スターリン主義国家だ等、こじつけた言い訳で、ヒトラーさんのナチスが思わず赤面するような悪魔を未だに信奉している人が跡を絶たない。
 (右の図は、http://vox.hatenablog.com/entry/2017/02/27/200427 から無断でいただきました。ごめんなさい。)

共産党は地球に怪獣を送り込む悪の組織


 エンゲルスは共産党宣言で、「 一匹の妖怪がヨーロッパを徘徊している。共産主義という妖怪が。」と表現している。

buruton.jpg 先日「旧共産遺産by星野藍著@東京キララ社」という写真集を読んだ。
 その時思った。共産主義は妖怪ではない。怪獣である。怪獣を沢山作る「悪の組織」なのだと。

 左のマケドニアのオブジェは、オッサンならば多くの人が、ウルトラマンに登場した四次元怪獣「ブルトン」を思い出すだろう。

 しかし、他の「建造物」も、どこかウルトラ怪獣を思い出してしまうものが多い。
 それも、いかにもロボット風だったり、人造生物風だったり、「人間が主人公」が建前な筈の社会主義・共産主義なのに、どこか新生物志向を自分は感じた。



 右の「生物」は、ウルトラマンレオに出てくる円盤生物のように見える。
 あるいは、宇宙怪獣ベムスターにも見える。
 ただ、ベムスターさんの方が、生物感があるのだ。
 この星状の生物は、やっぱり円盤生物だと思う。
 
blackend.jpg 正直、自分はエース以降のウルトラシリーズをライブで見ていない。しかし、ウルトラマンレオがどういうものか、円盤生物がどのような位置づけなのかは知っている

 ウルトラマンレオは第一期ウルトラマンシリーズの最後の作品だった。既に低視聴率と予算削減でカツカツ。その中で番組を作る都合、「残酷シーン」を連発。しかし、かえって子供に敬遠され、視聴率を下げでしまったようだ。
 思いっきり人間が真っ二つになったり、蛇女ゴーゴンもどきが人間を次々と蝋人形にしたり、子供が不気味がるようなシーンを毎回のように多発した。
 挙げ句には、正義の組織を皆殺しにして、返す刀で恋人と子供まで殺してしまった。それでも物足りないとばかりに、最後にはウルトラマンレオを氷漬けにしてノコギリでバラバラに切断(笑)。

 正義の組織を皆殺しにして、返す刀で恋人から子供まで皆殺しにしたのが、ブラック指令が率いる「円盤生物」だった。
謎の植物? 旧共産遺産(東京キララ社・星野藍著) 謎の生物? 旧共産遺産(東京キララ社・星野藍著)

共産主義は、怪獣でありウルトラマンである


 沢山の人間を手当たり次第に殺しまくったブラック指令は、最後、あっさりと子供に殺されてしまった。
 一方、ウルトラマンレオは氷漬けに上ノコギリでバラバラに切断されたのに、ウルトラキングさんが「えいっ」と魔法をかけると、あっさりと元通りになってしまった。
 考えてみれば、ウルトラ星人はいつもそう。帰ってきたウルトラマンさんも、冷凍バラバラ死体になったことがあるけれど、何か腕輪が光ったらあっさりと元に戻ってしまった。

 十字架に磔されたウルトラセブンさんを救出するのに必死こいたウルトラ警備隊の皆様は、あれを見たら、さぞかし虚しい思いにかられただろう。なんだ、あの国の人、助ける必要なんかなかったんだって。



 共産主義勢力、やってることはは悪の組織なのに、生命力はウルトラ星人レベルである。
 だからなのか、人類は自ら生み出した「怪物」をなかなか捨て去れない。殺したつもりなのに、何故かブレスレッドが光るともとに戻っている。

 未だにウルトラマンシリーズも仮面ライダーシリーズも制作され、根強い人気がある。
 そして、正義の味方のみならず、悪の組織や悪い怪獣さんも子供たちに人気がある。キングジョーやゼットンやベムスターは、ウルトラマンとともに、永遠にヒーローなのだ。

yrseijin.jpg 理性のレベルでは、共産主義はヒトラー以下の悪魔であると分かっていても、人間は共産主義を捨てられないかもしれない。
 ほら、ヨーロッパ見てごらん。ナチス・ヒトラーくらいだったら、水で薄めりゃ、どこの国でも元気いっぱい。次々と政権に参加してるじゃないですか。そんな調子だもの、共産主義だって細々と生きながらえるのだ。

 考えてみれば、水で薄めたナチスが欧米で人気抜群なのだって、「リベラル」が水に薄めた共産主義に過ぎなかったからだ。水で薄めてるのに、共産主義のアルコールが強烈過ぎてもはや耐えることができない。グローバル・ジェンダーフリー・ダイバーシティー・LGBT… 「共産主義のかほり」で不幸になっていく庶民は、夢と希望を極右に託したのだ。

 ワイマール共和国だってそうだったじゃないですか。
 あ、ワイアール星人じゃないからね。
 でも、あれぞ共産主義芸術だな。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事(2020.8.7~の集計)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR