FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

沼津港深海水族館に行くと、ゲテモノ生物が楽しめて、シーラカンスに詳しくなるぞ

numazukou.jpg 全国1000万の水族館ファンの皆様、こんにちは。
 先週、静岡県沼津市にある「沼津港深海水族館」に行ってきました。
 ここ、職場で教えてもらったんですよ。



 新幹線こだま号で三島駅で降りて、東海道線に乗り換えて沼津に。
 バスでも行けるのだが、タクシーで10分前後らしいのでタクシーで「沼津港深海水族館」と宣言。1000円強で大丈夫です。

sinkaigyo.jpg
 タクシーが「ここ」というところに降りる。
 左は写真のとおり。この奥に「深海水族館」がある。
 右にはちっちゃい港がある。

 右側から、「沼津港巡回ツアー船」の案内が絶え間なく流れている。そして左に「深海水族館」。水族館に向かう道には、魚や寿司を食べさせてくれるお店が数件。このシチュ、私の好みそのもの。いきなり好印象。
 しかし、まだ腹が減ってないので、水族館鑑賞を優先。



 さすが深海魚さん、みんなキャラが立ってる。

 「海の底」はあたかも「ネットの裏通り」がごとき。一癖も二癖もある「ツワモノ」揃いである。
 今回は、オジサンがハッスルして撮影した「動画」でお楽しみ下さい。






 最近、水族館中毒と化して、普通のお魚では満足できなくなった私にとって、なかなか素敵な水族館だった。
togetogekani.jpg sinkaigyo3.jpg

 実は、この「沼津港深海水族館」、深海に住まう面白生物の展覧場ではないのだ。
 この「深海魚」のコンセプト的存在は「シーラカンス」。
 シーラカンスがいらっしゃる水族館なのである。
 ただし残念ながら、泳いでいるのは見られない。当たり前か。

siirakansu.jpg

 現在、シーラカンスは「何とかかんとか保護何ちゃら」な生物のため、捕獲禁止である。しかしこの水族館には、剥製・冷凍着けのシーラカンスが5体もいる。

 実は、シーラカンスも見たけれど、日本第一党や幸福実現党のようなゲテモノ海底生物の写真を必死に撮影していた。
 すると、場内放送で、午後1時からシーラカンスの説明会を行うとアナウンスがあった。
 せっかくの機会だから、参加してみることにした。
siirakansu2.jpg 「シーラカンスは3億5000万年前から同じ姿で生息しており…深海1.7kmの深海に生息している…」
 スマホの円形FEPでメモったので、私が嘘を書いてるかもしれない。こんな内容の事を言っていた、筈である。

 シーラカンスにはひれが10あるのが特徴。更に、魚なのに背骨がなく、背中には「脊柱」がある。脊柱は軟骨で、パイプのように骨の中が空洞になっている。この骨を英語(だったっけ)では「ホエーラ何ちゃら」と呼称し、これがシーラカンスの名前の由来である。
 シーラカンスの卵は10cmで、腹の中で産卵。そして、大きくなってから腹から出る。だから3億5千万年もの間、死ななかった。

wakewakame.jpg なるほど。勉強になった。
 しかし、他の魚だって、腹の中で卵を生むシステムを採用すれば、他の生物から食われる可能性が少なくなるのに、どうして他の魚はこの優秀なシステムを採用しなかったんだろう。



 深海水族館、面白かった。来た甲斐があった。

 水族館を出て、隣接する食い物屋店の中の一つ、一番大きい寿司屋に入る。
 意味もなく、深海魚だと書いてある「アカマンボウ」他、「何ちゃらエビ」等、ワケワカメの食い物を食べながら、昼間なのにウーロンハイを飲んで酔っ払いの道を進む。
 近くの男女客の男が、「アカマンボウはマグロの代用魚で」ってスマホで調べて知識を女に披露していた。しかし、アカマンボウはアカマンボウとして食れば美味しいと思う。



kumorifuji2.jpg 昼飯を食い終えて、外に出る。

 今日の天気は残念ながら曇り。
 ふと景色を見ると、富士山らしき山が見える。美しき「曇り富士山」。富士は世界一の山。

 相変わらず、沼津港の観光案内所(?)から、沼津港巡回ツアーお誘いの放送が流れている。
 放送いわく、カモメがたくさんいて、カモメに餌をあげて、カモメとお友達になれるらしい。
numazukou3.jpg せっかく川崎からわざわざ沼津まで来たことだ。しつこい宣伝に押されて、クルージングを楽しむことにした。



kamome.jpg ポンコツ船でのクルージングも、マル。十分に合格点。

 宣伝通り、船が港を出ると、半端じゃない数のカモメがガンガン寄ってきた。船が近づくと、餌がもらえると脳内にインプットされてるのだろう。
 ちなみに、クルージングのチケット販売場では、カモメの餌も販売されている。ただし、単なる「カルビーのかっぱえびせん」。カモメはカルビーのかっぱえびせんが好きだったのか。
kamome2.jpg
 ところで、皆さんは「カモメ」でどんな歌を思い浮かべるだろう。さすがに「カモメの水兵さん」ではなく「カモメがー飛んだー。カモメがー飛んだー。」だろう。しかし私は、コロコロクイーン渡辺美優紀の「背中にアカンベーをしたら、カモメたちが笑った」、「やさしくするよりキスをして」を思い出したのだが。



numazu.jpg そんな感じで、「ジジババと一緒!沼津港近辺クルージングツアー」は終わった。
 ま、考えてみれば、若い人から見れば自分も「ジジババ」だよな。

 沼津港近辺、観光客招聘のガッツは高いようで、パンフも完備しているし、タクシー無料呼び出し電話も用意されている。
 その無料タクシー電話を使って、沼津駅に戻る。

 なかなか楽しかった。
 観光客シフトというのか、呑んべシフトというのか、酔っぱらいシフトというのか。

 しかし、どうやら若者客を招聘したいようである。
 沼津港にそびえるショッピングモール(?)「沼津みなと新鮮館」。お土産店や飲み屋が林立しているのだが、その店の一つ。

moe_numazu.jpg

 大都会沼津へようこそ。

hebicchi.jpg 自虐ギャグ炸裂、はともかく、こういうことやって、どういう人を呼びたいのだろうか。
 こんな広告をしても、ミニスカJKではなく、ミニスカJKでタマキン全力投球しているキモヲタしか来ないと思うけれど。
 それとも、ただ単に、この店の店主の性欲に忠実なだけなのか。

 沼津港300m周辺のスクエア地域、実に「味がある」場所だった。
 全国1000万の水族館ファンの皆様、是非とも押さえておきたい「名所」として、超お勧めスポットである。

 深海生物の鑑賞後は死ぬほど酒が飲めるし、タクシーも電話一本で来てくれるし。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10481:Re: シーラカンス by sinzinrui on 2019/09/29 at 08:38:13

永田町の雀様

シーラカンス、確かにうまそうじゃないですね。
骨が柔らかいのは良いのですが。
腹の中で育つという子供を焼いて食うと美味しいかもしれません(嘘)。

10468:シーラカンス by 永田町の雀 on 2019/09/22 at 09:18:14

シーラカンスは記憶ですが、よみうりランド水族館ではく製を見た気がします、余談ですが、昔の科学雑誌(全滅に近いですね)でシーラカンスを解剖した学者が、ついでに食べてあまり美味しくなかったとか、理由に笑いました、生きた化石でしから、タンパク質なんかも進化しておらず、美味しくないとか

10463:かごめかごめ by アーナンダ正誤師 on 2019/09/20 at 22:09:07 (コメント編集)

私が「カモメ」で思いつく歌といえば、「かーもめ、かもめ」って思ったんですが、よく考えたら「かーごめ、かごめ」でした。

それはそうと、地方の観光地に行くとこういう二次元萌え系の絵で客引きしてるところだらけですけど、ほんとターゲティングがよくわかりませんよね。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

人気記事はこれ(2019/9/16Reset)

最新記事

株価・為替

Yahoo! 天気予報

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
11位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR