FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

立花孝志氏は「炎上商法」なんかしていない。

 昨日は病院に行ってました。
 待ち時間に、中学生ペッティングやスクール水着でお馴染みのメンタリストDaiGoさんが、最近の立花孝志を面白く分析している(動画は下に置いておきます)。

メンタリストDaiGo氏が語る「立花孝志の戦術はテレビ洗脳術の逆用」


スクール水着中学生とペッティング N国の立花孝志と堀江貴文の対談で、立花孝志に追い風になると。それは、マスコミが「白を黒と言い換える」手口を逆用していると。

 まずは「単純接触効果」。3~4回同じ情報に触れれば「流行ってる」って思うようになる。テレビで同じニュースを何回も繰り返せば、真実と思うようになる。立花孝志の「炎上芸」は、嫌われようも何回も繰り返せば、立花氏に好意をもつようになる。そして、有名人による「社会的証明」すなわち有名で権威ある人と対談することによって、「お墨付き」を得る。

 更にスクール水着DaiGo氏は語る。
 立花氏の「炎上商法」は、テレビで言えばCMを見てもらうためにバラエティーショーをやっているのと同じであると。
 テレビは、CM収入がないとやっていけない。実は、テレビ番組はCMを見てもらうために存在する。立花孝志氏の「マツコ・デラックス」「二瓶文徳」騒動等はは、テレビで言えばバラエティーショーであり、本当はCM(NHKをぶっ壊す)を見てもらうことが目的になっている。

立花孝志氏がぶっ壊したいのは「自分を受け入れない社会」


130man_zyomei.jpg 一方、こんな意見もある。

立花孝志に共感する人々が抱く社会への復讐心/御田寺 圭/President Online
https://president.jp/articles/-/30004
 筆者いわく、『氏をつき動かしていたのはNHKに対する義憤ではなく、氏個人の社会全体に対する憤怒である』と。
 確かに立花氏は、幼い頃に両親がダブル不倫で離婚、家にも不在が多く、高校から一人暮らしだった。
 『栄養失調で倒れるほど困窮した。15歳から家を離れて一人暮らしをはじめ、食いつなぐためにバイトに明け暮れた』。社会から『排除され、疎外されてきた人間』にとって、ぶっ壊したかったのはNHKではなく、幸福そうな社会そのものなのだ。

 いわゆる麻原彰晃や宅間守のような「通り魔殺人」的怨念が、立花孝志氏の原動力になっているという仮説である。

桜井誠氏と立花孝志氏の共通点


totijisendesaiki.jpg 2つ目の御田寺説でだったら、むしろ桜井誠氏の方がぴったりするだろう。
 桜井誠に対して、「彼を嫌韓に突き動かしているのは、自分を認めない社会への復讐ではないか」と自分は思っていた。

 九州出身で、DV父親が女を作って蒸発。母親が水商売で兄弟二人を支える生活。一旗揚げようと東京に出る。しかし、母親も若くして死んでしまう… どこか、同じ九州出身の麻原彰晃を思い出す桜井誠氏。社会全体に対する怨念が、どこかで在日朝鮮人に転化したのではないか。



 桜井誠氏こそ、炎上商法の最たるものである。
 「ゴキブリ蛆虫、在日朝鮮人を○き○せー!」「ゴミはゴミ箱に、朝鮮人は朝鮮半島に」あたりはまだしも、

 「良い朝鮮人も悪い朝鮮人もない。在日朝鮮人を○○しにしろー」
 「世界の敵、朝鮮人を皆○しにしろー! 大人から子供まで、皆○しにしろー」

 代名詞となった「過激なヘイトスピーチ」を多用し、マスメディアから総スカンを食う。
 しかし一方、マスコミ報道で彼を知り、Youtubeで彼の話を聞いてみて「何だ、マスコミは一方的に批判するけれど、桜井誠氏の言ってることは正しいじゃないか」と思う人を次々と獲得する。

立花孝志氏は「炎上商法」をしていない


totijisenbuhi.jpg そう考えると。スクール水着DaiGo氏の炎上戦略も、むしろ桜井氏の方が当てはまってるかもしれない。

 なぜなら、立花孝志氏が炎上商法を本格化したのは、参院選当選以降であり、それ以前は炎上芸よりも、「わかり易さ」「面白さ」「親しみやすさ」を武器に、注目されなかったり前科があったりの「ポンコツ」を積極的に登用し、市議会議員候補に抜擢する戦術で若い世代の人気を獲得した。

 その点、桜井氏は最初から炎上芸で名を売り、炎上芸で窮地に立った。しかし都知事選に立候補し、百田尚樹や千葉麗子のような「社会的権威」のオーソライズを得て、何とか復活の兆しを作った。
 しかし、「俺が俺が」が強すぎたのか、元の木阿弥になってしまった。今回の都知事選立候補で再度のカムバックができるとは思えないのだが。

心を許せる友達は「似た境遇の人」


 自分は立花孝志も桜井誠も「好き」だ。志位和夫よりは好きだ。
 もちろん、この二人は欠陥だらけの人間である。人間性を考えれば、志位和夫よりも遥かに問題ある。しかし、嫌いになれない。

 今日ご紹介した2つの意見(ロリコンDaiGo・御田寺氏)、どちらも、少し当たってて少し外れている気がする。しかし、どちらが本質をついているかとなると、御田寺氏だろう。
 立花孝志氏が統一地方選躍進前から、好んで「ポンコツ」を登用するのはご存知のとおりである。堀江貴文と対談して、そしてほりえもんが同意したのも、彼が前科持ちのポンコツだからではないのか。お互いに似た者同士だから、話がスィングして盛り上がり、人気動画No.1になった。

nisimuraxx.jpg 一方、桜井誠氏も、結局は百田尚樹も千葉麗子も味方してくれなくなり、明らかに瀬戸弘幸や西村斉を信用している。おそらく、岡村幹雄よりも堀切笹美を信頼しているだろう。彼もポンコツが好きなのだ。
 
 立花孝志の炎上商法と多くの人は言うが、絶対にあれは「商法」ではない。
 えらてん氏が昔の立花孝志の2ちゃんねる書き込みを紹介していた。でNHK時代に殺したい上司が沢山いた。その上司の子供を人質にとって放送局ジャックをする。何回か想像したと。もし自分が癌で余命幾ばくになったら実行すると。

大量に存在する「政治から見捨てられた人たち」


 面白おかしい気さくなおじさん・立花孝志も、扇動的アジテーター・桜井誠も、多くの若者を惹きつけている。
 おそらく、支持者のある部分は、社会に不平不満を抱き、自分を阻害する社会に対して怨念を持っているのだろう。

furinrozyou.jpg 昭和で言えば、そういう層は日本共産党が吸収していた。しかし、共産党にしろ立憲民主党にしろ、若い世代の不満を吸収する力などまるでない。まるでないどころか、全くの逆。ジェンダーフリー・LGBTのようなインテリ層や、税金バラマキで老人層を喜ばせるだけ。10歳代~30歳代の利益と相反している。

 不平不満を左翼・野党が吸収できない一方、「政治」の恩恵を待ち望んでいる人たちが沢山いる。
 立花孝志氏はしばしば、「選挙に行かない層」「政治に関心がない若い層」をターゲットにすると発言しているのはご存知だろう。実は、桜井誠も同じことをしばしば言っていた。今まで選挙に行かない若い世代に訴えていくと。

 ご存知のように、2人とも日本共産党支持者・左翼シンパ(いわゆるリベラル層)に恐ろしく嫌われている。
 それはそうだろう。本来、自分たちが取り込みたいところをゴッソリ持っていかれたのだから。
 しかし、もはや左翼は金持ちインテリと老人だけの党。無党派層というブルーオーシャンに住む魚たちは、赤いプランクトンには絶対に近づかない。



osakanasan.jpg 政治家は、ブルーオーシャンに沢山魚がいることを知っている。しかも、その魚は餌が欲しくて仕方がない。
 だが、海に投げ込まれるのはコンビニ袋ばかり。

 世の中には、立花孝志や桜井誠のように、辛い思いをして生きている人間が沢山いる。
 昔は創価学会が吸収したような人たちが、今だって沢山いる。しかし「リベラル」と呼ばれる選択肢は既に消滅してしまった。
 希望は「右」にしかない。加陽麻里布が「都知事選で桜井誠に投票した。その前の参院選では鈴木信行に投票した」と言っていたのを思い出す。
 
 そんな「今」を当然のこととして受け止めない限り、いくらN国を批判しても、第2のN国が出てくるだけである。
 ではまた。



堀江さん対談に【隠されたN国の戦略】徹底解説
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10476:Re: 北教組様 by sinzinrui on 2019/09/24 at 20:38:39

お久しぶりです。

加陽麻里布ちゃん、私も相当に気になります。

彼女、確かに独特の存在感があります。

でも、強気の割には、立花孝志の前では借りてきた猫の印象があります。
やっぱり、やられた女の弱さでしょうか。

10475: by 北教組 on 2019/09/23 at 10:48:55

お久しぶりです。

記事に関係ないですが、個人的にはまりのちゃんの動向が気になります。

というのも彼女を知ったのはN国でなくて司法書士試験1位合格者のブログで紹介されてたからなんですよねー。
その後N国の方でも彼女を見て「自己顕示欲が強いんだなぁ」なんて思ったものです。

立花氏は飽きたら彼女をポイ捨てするのか、はたまた立花氏は彼女の踏み台に過ぎないのか。

10469:失速 by 永田町の雀 on 2019/09/22 at 09:23:59

立花孝志も失速していますね、まあ国政政党の運営ははじめてですし、そもそもN国党は立花孝志の個人商店ですから、あと気になるのは、支えるスタッフがいない、またはいても能力がないという気がします、他の地方議員もきちんと使っていませんし、政党なら役職を割り振るべきと思いますが、そこまで期待しても無理だと感じます

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
西村雅史(本名本写真)。元オウマーです。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事(2020.8.7~の集計)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR