FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「有権者の責任を問う」のは憲法違反

neko1.jpg さて、みんな大好きN国情報。
 昨日は、NHKから国民を守る党から候補者が出馬している大阪府東大阪市議選・愛知県小牧市議選の投開票。
 東大阪市議選は嶋谷昌美候補が38名当選中38位で薄氷当選。小牧市の春日井孝候補は爆死しました。

 東大阪市は維新が12名出すも票割りに失敗し、漁夫の利を得た感じです。組織的に動きにくい維新は、どうしても若い新人や美人女性候補に偏ってしまうようです。でも、これ、立花孝志の「読み筋」どおりなんだよな。やっぱり凄いわ。



neko2_20190930063011c66.jpg N国といえば、神谷宗幣のChGrandStrategyで立花孝志党首の「アホみたいに子どもを産む民族は」云々が問題になってる。
 正直、この種の立花流炎上商法、もうお腹いっぱい。マスザワ内閣さんの言うとおり、参院選当選後のN国情報は、人間の負の感情でクタクタになります。んなこと良いから、とっととNHKをぶっ壊したらどうか。

 一方、メディアも立花氏の言葉を切り取ってるわけだし。
 自分は性格が悪いので、「日本の女性は案外そう思ってるんじゃないか」と考えてしまった。じゃあ「子供を産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」だったらいいのかとか。
 立花氏が心配しなくても、日本の女性は「産む産まないは自由で権利」と思っており、世界に冠たる少子化国家まっしぐら。アホみたいに子供を生む民族から奴隷を輸入して、ジジババの世話をさせざるを得ない情勢なのだ。



 何か政治家が暴言を吐くと、必ず「選んだ有権者にも責任がある」って言い出す人がいます。
 実は、こっちのほうが明白な憲法違反なんです。
N国党首、動画で「アホみたいに子供産む民族は虐殺を」/朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASM9W6HPKM9WUTFK02C.html
政治アナリストの伊藤惇夫氏
『彼が当選したことに対して、有権者がどう責任を取るのかも問われている。「自分は投票していない」ではなく、有権者全体の問題として捉えるべきだ。』

 立花孝志の発言は、まあ表現の自由と言えなくもありません(賛成しないけれど)。
 しかし、伊藤惇夫氏の発言は、憲法違反の疑いが濃い。

tori1.jpg
 まず憲法15条4項には明確に「選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。」と記載されています。仮に日本第一党が選挙で過半数を獲得して、新大久保にガス室ができても、有権者の責任は一切問われません(笑)。

 だって、選挙があるとみんな平気で共産党に投票してるじゃないですか。あれ、共産党の政策を支持してる人なんて皆無じゃん。「我々はソ連型の共産主義ではなく、議会も自由も守る」なんて、そんな共産国家地上に一度もできなかったどころか、尽く虐殺国家。有権者に責任感があったら、400万以上も獲得なんか絶対にできません。

 有権者に投票結果の責任は問えないのです。安心して、後藤輝樹のポコチン党に投票して良いんです。

 しかも、「私的にも」責任が問われないのです。私人間適用しちゃうんです。
 言い換えれば、伊藤惇夫氏は有権者に「お前ら、立花孝志に投票しただろう」って私的に責任を問えないのです。それを大新聞で叫んでるのですから、完全な憲法違反。朝日新聞は違憲紙面を作成したのです。
 そもそも「すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない」のですから、誰に投票したかなんて、政治アナリストが知るすべもない。



oouchi_20190930062958a29.jpg そもそも、N国やれい新が当選したのは、野党がクソでゴミだからに他なりません。
 今夏の参院選だって、半分の人が選挙に行きませんでした。

 立花孝志はYoutubeで繰り返し言ってます。
 (以下、大意)「オモロくなければ若い人は選挙に来てくれない」「有権者の4割は必ず投票に行くが、その人達は投票先も決まっている。一方3割は絶対に投票にいかない。残りの3割、行くか行かないかわからないし、どこに投票に行くかわからないそこに訴えていく」「政治に関心がないと言ってるような若い人に訴える」「半数が投票に行かない。そこがブルーオーシャンで…」

 思い出し思い出し書いてるので、全く表現は不正確。
 しかし、立花氏は常に「政治から見捨てられた層」を念頭に置いている。

 それはれいわ新選組も同じだろう。山本太郎なんて、ある意味立花孝志よりも信用できまい。しかしコツコツと辻説法を繰り返しているようだ。立花孝志が空中戦ならば山本太郎は地上戦である。どちらも、有権者の声をじかに聞き、有権者との距離を縮める戦術に出ている。



 いくら安倍総理を罵っても、野党の軸になる立憲民主党と日本共産党がクソすぎる以上、「政治から見放された人達」は動かない。
 マスコミがチヤホヤする政党ではなく、デタラメな人間だけどYoutubeでオモロイ発言をするオッサンとか、女にだらしない強姦野郎だけど、身障者2人の当選を優先させたイケメンのタレントに投票してやろう。有権者はそういうものだ。

 そういえば、東大阪市議会議員選挙で「も」、公明党は完全勝利した。信仰が勝利したわけではない。リアルなつながりが勝利したのだ。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10505:昔ですが by 永田町の雀 on 2019/10/11 at 09:18:54

呉智英が似たような事を言ってた記憶があります、最終的に民主主義って、誰も責任を取らなくていい仕組だと思います、しかし総理大臣や場合には、天皇陛下に責任を押し付ける、まあ窮極の無責任システムかと考えます

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
西村雅史(本名本写真)。元オウマーです。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事(2020.8.7~の集計)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR