FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アーチャリー正大師(松本麗華)が大川宏洋になれない理由

松本麗華 上祐史浩やアーチャリーが、オウム界隈からやめて、一般の会社で働くことが出来るのか。
 無理だと思う。
 おそらく、土方か風俗しかないだろうし、それが分かったら一斉にテレビや週刊誌が取材に来るし。
 Youtuberだって「今日はアーチャリーが勤めているソープランドに行って、一発抜いてもらいます」という企画をやるに決まっている。
 だったら、「正大師」ブランドが使えるオウム真理教界隈で、「大物性」を活用して、内部情報に詳しいオウム真理教コメンテーターとして生きていくほうがプライドも保てるし、楽だ。



 顔が世間に売れている「カルト宗教の幹部」「基地外宗教の大物」の脱会は、難しい。誰か大物の「支援」、要するにコネでどこまに潜り込むしかないのではないか。何せ末端の信者ですら、再起が難しいのだから。

大川宏洋氏と矢内東紀氏(えらてん) そう思うと、大川宏洋は実にうまく行っている。
 Youtubeを始めた頃、「暴露芸人にはならない」と言っていたが、さすがに暴露ネタなしではやっていけなかった。
 しかし、ちゃんと暴露「芸人」としては見事に成功している。

 カルト宗教流行語大賞があれば満場一致で「こんにゃく」が大賞になる活躍ぶりだった。
 「暴露」芸人ではなく、暴露「芸人」として時間を稼ぎつつ、ネット外でタレント・俳優として実績を積んでいけば、「現世」で成功を収めるかもしれない。



 無論、幸福の科学はサリンを撒いてないし、弁護士一家を皆殺しにしてもない。ゆえに、大川宏洋とアーチャリーとを単純比較できない。
 しかし、大川宏洋の「成功例」から学ぶことは大きいと思う。
 何故、大川宏洋は完全脱会後も成功したのか。考える価値があることだと思う。

大川宏洋氏と矢内東紀氏(えらてん) まず、彼が俳優だったことが大きいと思う。
 ゆえに、Youtubeで喋らせても、うまいのである。
 脱カルト教会も森達也も絡めなくても、自分のペースで自分の力で物語を展開できる。だから、「こんにゃく」のような大ヒット商品を生み出すことができ、自分の商品価値を高めることができた。

 更に、カルト業界ではなく、Youtuber業界と繋がっていったことが、彼の「脱色」を成功させた。
 特に、カルト業界・Youtuber両方に精通している「えらてん」こと矢内東紀との出会いが大きかったと思う。それ以降、キナクサーズなるキャラを作り、キナクサーズ以外にも人脈が広がり、「あの界隈」の匂いが綺麗サッパリ消えてしまった。

 オウム真理教界隈だと、どうしても江川紹子や滝本太郎etc脱カルト教会匂いがしたり、森達也や鈴木邦男etc人権屋の匂いがしたりで、いくら脱会しても、「業界の匂い」が消えず、「業界」の大物の子分として生きていくイメージが抜けない。

大川宏洋氏と矢内東紀氏(えらてん) しかし、大川宏洋はどっちともつながらないまま、Youtuber人脈を作っていった。ゆえに、カルト宗教脱会者独特の「臭み」がない。自由に勉強して新たな知識を得て、「アナザーワールド」を作りつつある。

 更に、大川隆法は、えらてんだけでなく、立花孝志にも感謝しなければならない(笑)。
 彼を論じることにより、暴露芸人でない大川宏洋に磨きがかかった。



 こう考えていくと、彼の「成功」は Youtuberだったこともさることながら、俳優だったことが大きい気がする。
 「どうやったら自分が面白く見えるか」を計算して、演じていく。

大川宏洋氏と矢内東紀氏(えらてん) 流行語大賞の「こんにゃく」だって、あれがもしジャーナリストとのインタビューの中で出たものだったら、「価値」は1/100になってただろう。彼は下手なジャーナリストや物書きよりも、「見せ方」を知っている。
 Yutuberとして、えらてんと出会えたのも大きかった。霊言暴露の時もそうだが、「えらてん」が良いパートナーになっている。



 そもそも、アーチャリーや上祐史浩が、「業界」から完全に別れる意思があるとは思えない。
 しかし、顔が売れているようなカルト宗教の大物幹部が脱会するのには、Youtubeは実に有効である。

 考えてみれば、世間を騒がせた芸能人とか、Youtubeに活路を見出すことが多い。もちろん成功することは少ないが、自己を表現するうちに、第二の自分を発見して、「本業」と「Youtube」が良い感じでリンクして、成功することも多いようだ(って、本当かな?)。

 何故上祐が「オウム真理教を脱会した」と言っても誰も信じないのか。そりゃそうだ。「ひかりの輪」をやって、マイトレーヤ正大師様のブランドで生きているからだ。
 無論、生きていく際に「元幹部」を利用するのは全く構わない。ただ、彼のやっていることは、単なる「分派活動」にすぎない。

 何せカルト宗教の大幹部なんて「前科者」みたいなもの。世間はどうせ相手にしないのだし、一方、中にいればそれなりの「幹部様」として信者からチヤホヤされる。
 自分はインチキ宗教内で詐欺師をやってると分かっていても、なかなか辞められないのは実は当然のことなのだ。自分がもし同じ立場だったら、例えば自分が七海ひろこだったら、「お手当+高級マンション」を捨てて、場末のソープ勤め覚悟で脱会したいと考えるだろうか。

 基地外宗教、脱会すれば末端信者も大変だが、エリート幹部も大変なのだ。
 大川宏洋が今現在、そこそこに成功していることは、いろいろ参考になると思う。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10685:Re: タレントの強み by sinzinrui on 2019/12/21 at 09:38:50

永田町の雀様

前回の都知事選の時、子供と写真を取るときに、今井絵理子は座り込んで身長を子供と合わせたのに、
増田寛也は頓珍漢なポーズで突っ立ってました。

あと、公明党の佐々木さやか、彼女は長身で、ちびな男より背が高い。
だけど、ツーショット大会の時、自分の方が身長が高いときには、膝を曲げてました。

10673:タレントの強み by 永田町の雀 on 2019/12/18 at 19:05:29 (コメント編集)

結局タレントやアイドル、女優・男優は強いですね、N国党なら夏目亜季・佐藤えりい・久保田学・NER國場、みな何かしら売りがあり、インディーズとは言えタレントですから、渋谷区の橋本ゆき区議も、インディーズアイドルだっただけあり、自分の見せ方、あと車椅子の障害者と、写真を撮るとき、相手の頭の位置まで膝をつく、私にはできません、アイドルやタレントは、メジャー、マイナー問わず、選挙には強そうです

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

過去人気記事(2020.6.24~)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR