FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

2019年はネトウヨ終了の年 【負け続けるネット右翼】

出生数、初の90万人割れへ 推計より2年早く―自然減50万人超・厚労省/時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122400629&g=eco

柳澤伯夫
 こんなの何十年前から言われてきたこと。安倍総理は何も悪くない。
 今より貧しい頃、日本人はポコポコ子供を産んでいた。いや、世界的に景気と子作りとはリンクしていない。
 むしろ、男女平等や自己実現絶対主義や自由主義の定着と少子高齢化とがリンクしている。

 何度でも書く。少子化対策の本質的な解決方法は、男女が仲良くなることだけである。
 しかし、女性の社会進出が進み、「産む・産まない」が自由となれば、女性は産まない自由を選択するに決まっている。ただでさえ「自己実現が絶対善」の今の日本、育児という「余分な仕事」は回避すべき、国がやるべきだと考えるようになり、そうなれば男性も結婚するメリットがないので、男女とも独身が増えていく。
 しかも、男女仲が悪くなることばかりやってる一方、生産性のないLGBTにばかり金を使う。もはや、残り少ない「子供を産む機械・装置」に頑張ってもらうしかないのが現状である。



SDGs
 かといって、ジェンダーフリーやダイバーシティーの流れを止めることなどできまい。
 SDGs(持続可能な開発目標)なるものが流行ってるようだが、人類そのものが内面的に保持している「持続性の危機」に対しては触れられていないようである。触れないどころが「男女差後天論(ジェンダーフリー)」を推進している。

 そもそも、どうやったら人口減少・少子高齢化がストップできるというのか。
 今の日本、レッドレッド自公政権の更に左にしか、選択肢は存在しない。自民党・公明党タッグを拒否すれば、もっと男女平等を進めろ、もっとジェンダーフリーにしろ、もっとダイバーシティーにしろ、もっとグローバルにしろ、素晴らしいLGBTLGBTという人たちばかりなのだ。


 根戸ウヨ子ちゃんの願いも虚しく、自公政権でやっていくしかない。
 草の根保守は見事に負け続け、最近ではネットも赤く染まりつつある。

 日本第一党はオワコンだし、国民保守党・幸福実現党は始まってすらない。NHKから国民を守る党は、草の根ネット保守運動最後の大型花火として、美しい夏の思い出として最後を飾ったのかもしれない。

 あれだけ多くの人が「右」に期待を寄せたにもかかわらず、ネット保守運動は、鈴木信行の「日本国民党」が若干名議席を獲得したのが「全成果」だったのだ。
 行動する保守運動は全滅し、ついに川崎市で罰則付き条例ができた。余命三年事件で共産党の弁護士に逆告訴され、多額の慰謝料をふんだくられた。ネトウヨ春のBAN!祭りで多くのサイトを失い、チョンやホモレズおかま等、差別関連規制が強化された。いいことなんか一つもなかった。



高崎観音 そして中国の手先・自民党の秋元司が逮捕された。しかし、それでも「野党よりは右」なのだ。
 中国企業だって、立憲民主党のゴミ議員に賄賂を渡しても、何の「効果」が期待できないから、自民党の議員に渡したのではないのか。

 1970年に盛り上がった全共闘(ニセ左翼暴力集団=トロツキスト)を「草の根左翼」と考えれば、彼らは1980年代にほぼオワコン化した。そして代わりに草の根宗教が勃興したが、2000年代でオワコン化していった。そして21世紀の華・草の根保守も、2020年で終わろうとしている。

 2019年はネット保守終了の年だったのだ。
 かといって、日本共産党が盛り返すわけでもなければ、再び宗教に目が向くとも思えない。
 自由と民主主義、平和と博愛を絶対善として、それに従わない勢力を拒否しつつ、自由と民主主義の毒にも気を遣い、現実的な政策を打ち出していくしかない。
 しかし、それはとてもつまらない。
 自由や民主主義に基づいてコツコツ修正していくよりも、おかしな宗教や非現実的な共産主義の方が、魅力いっぱいなのだ。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10722:永田町の雀様 by sinzinrui on 2020/01/01 at 18:36:48

自分もそう思います。

金持ちの贅沢品になってしまった「家族」こそが正しかったんだ。
そして、それを失わせたのは誰か。何が間違っていたのか。

そこに行き着く気がします。

10711:ネトウヨは終わりましたが by 永田町の雀 on 2019/12/29 at 21:49:22 (コメント編集)

本当の意味で、保守化の始まりだと思います、昔なら雨が降ろうが、槍が降ろうが、日共と創価学会は、必ず選挙に行くと、しかし日共と創価学会の基礎票が驚くほど、減ってしまった、カリスマの院政、池田大作と不和哲三(通名) 上田健二郎もそろそろです、在特会だのネトウヨは終わりましたが、懐古的な世の中になりつつある、気がします、特に御代替と改元を、あんなに国民が受入れ、喜ぶなんて、極右で尊王、私は醜の御楯と言う自分も驚きました

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
西村雅史(本名本写真)。元オウマーです。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事(2020.8.7~の集計)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR