FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ハリネズミカフェの恐怖。ミーアキャット3人衆に770円(税込)餌とティッシュペーパーを強奪される

 初詣を横浜中華街に聳える謎の宗教施設・媽祖廟(天后宮)で終えた後に、どこかに入って回鍋肉をつまみに酒を飲もうと思い、あたりを見回した。
 すると、「ハリネズミカフェ」の看板が目に入った。
 猫カフェ、ふくろうカフェ、うさぎカフェ、最近ではカピバラカフェ。そこまでは知っていたが、ハリネズミ? 何故?

ハリネズミカフェHARRY まあ難しいことを考えても仕方がない。気合で、世界初らしい「ハリネズミcafe」HARRYに入ってみる。



 雑居ビルの2Fに上がり、店員の説明を受ける。猫カフェを含めて動物を扱う店では、必ずこれがある。
 30分コースと1時間コースがある。みなさん、1時間コースを選ばれますと(笑)。しかし、税込み3080円。
 しかも、ハリネズミにあげる餌も有料。コーヒーのミルクが入ってる小さなカップに、原価1円前後だろう餌。しかし、税込み770円。相当にボッてる気がする。

 店員いわく、店の中にいるのは、ハリネズミ・フェレット・ミーアキャットとトカゲちゃん。触れ合うことが出来ると。
 そして、説明に入るのだが…

ハリネズミ 餌が2種類あります。ハリネズミ用とミーアキャット用。ビンセットはハリネズミに餌を上げる際に必要になります。
 手袋はハリネズミを触るために必要だが、フェレットを触る際には、別の手袋が必要。

 あのー。これを一度に説明されて、覚えられる人はいないと思うよ。だって大半の人は、ハリネズミとトカゲ以外は初耳だと思うし。

 コーヒーは自動販売機で勝手に買うシステムだが、飲んでる人は一人もいない。
 そもそも、飲めるようなシチュではなかった。それでも私は、ハリネズミの席で一杯飲んだ。



 メインのハリネズミ。コイツは臆病でいつも丸まってる。触るとピクッと動くので、確かに手袋が必要だ。うまく抱き上げて逆さにして、顔を眺めることになる。
 餌をピンセットで与えると、用心深そうにモグモグ食う。しかし食い終わるとまた丸くなる。あんまり「触れ合い」に向いてない。

ハリネズミ ハリネズミ



フェレット フェレットという動物は、ニャゴニャゴとしてて顔をこすりつけると楽しそうだが、とにかくすばしっこい。
 左の写真のように、いつも2人で丸まって寝ている。

フェレット しかし、人が来ると嬉しそうに寄ってくる。しかし、人間へのファンサービスではなく、ひたすらカバンやジャケットのポケットや、カバンの隙間を襲撃する。猛スピードなので、落ち着いて触れない。
 そして面白いのが、人間が離れると、「撤退!」とばかりに丸い場所に戻り、「UFO」に帰還する。よっぽど「丸猫」状態が好きなのだろう。
 左の写真と右の写真との間に、恐ろしい時間があったのを誰も知ることができまい。
 手袋着用を強制されているので、スマホ写真機のシャッターを押すことが難しいのだ。

 ところで、どうして「ハリネズミ」と「フェレット」とで、手袋を変える必要があるのか
 正直私は、どの手袋がどっち用か、分からなくなったぞ。



 恐怖が待っていた。
 ミーアキャットコーナーに向かうと、早々とミーアキャットが入り口に寄ってくる。
 自分は「脱走しそうだ」と店員に言うが、店員は「大丈夫だ」と。

ミーアキャット3人衆 確かに大丈夫だ。ミーアキャット3人衆は、脱走したいのではなく、私が持っている「餌」を狙っていたのだ。
 私がミーアキャットコーナーに入ると、3匹が一斉に私が持っている「餌入りミルクカップ」に襲いかかる。そして体重75Kgの私の右手からあっさりと餌を強奪。地面に落とした餌をうまそうに食っている。

 そして餌を食い終わったら、頼んでもないのにフレンドリーに私にすりついてくる。ミーアキャットファンだったら、感動的なシチュだろう。私の肩にまで乗っかてくる。
 しかし、ミーア3人衆は、カバンやジャケットのポケットを必死に探索していたのだ。気がついたら、私のポケットからティッシュを強奪。美味しそうに食っているではないか!(下の写真中央、ティッシュを参照。マジでティッシュペーパーを美味しそうに食ってた)

触れ合いすぎて、私の肩によじ登るミーアキャットさん。  ミーアキャット3人衆に強奪されて食い散らかされたティッシュ ミーアキャット三人衆



 とにかく、正月から疲れた。
 いわゆる「猫カフェ」の感覚で行くところではない
 だって、あのシチュで、どこでどうやってコーヒーを飲めっていうのか。
 ハリネズミゾーンならば飲めなくはないが、そこにはコーヒーを飲むためのテーブルすらない。

スーパーマックス(35,000円)
 入場料を含め割高に設定されてることから考えて、おそらく、動物を販売するのが目的ではないのか。
 トカゲコーナーも「触れ合う」ことができる。
 しかし、猫カフェに来るようなギャルが、あんな薄気味悪いものと触れ合いたいと思うはずもない。実際にトカゲには万単位の価格が表示されている。
 おそらく、ハリネズミ・フェレット・ミーアキャットとも、店員に尋ねれば「価格」を教えてくれるのだろう。



フトアゴヒゲトカゲ 家に帰ってNHKテレビを見たら、偶然にも、静岡で大量発生した「野生ハリネズミ」が紹介されていた。
 天然ハリネズミは日本に存在せず、おそらく、ペットブームで購入し、飽きて捨てられたハリネズミが繁殖したのではと解説されていた。
 ハリネズミカフェにいたフェレットやミーアキャットは、「観光地の鯉」「水族館の餌やりコーナーの魚」のように、人間を見ると「食い物をくれる」と覚えてしまい、突進するようになっただけで、本来は臆病者なのかもしれない。
 しかし、ハリネズミはやっぱり触りにくい(手袋がいる)し、トカゲと同じく、所詮は金持ちの道楽ではないのか。
 ハリネズミカフェにとって、私はお呼びじゃなかったのかもしれない。

 おまけの動画。私のうめき声入り。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10730:Re: 針ネズミ? by sinzinrui on 2020/01/03 at 14:51:39

> そのうちパンダカフェができるかも

中国企業が日本に「進出」して、本当にやっったりして。

10725:針ネズミ? by 名主 on 2020/01/03 at 04:34:42 (コメント編集)

最近は色々なカフェがありますね、そのうちパンダカフェができるかも

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
西村雅史(本名本写真)。元オウマーです。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事(2020.8.7~の集計)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR