FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

山本太郎の「MMT」「消費税廃止」でも、贅沢品の「家族」は庶民の手に戻らない

「逆老老介護」はなくならない


寝たきり70歳娘の要介護度は5 限界超えた88歳母「逆老老介護」心中の悲劇
https://mainichi.jp/articles/20200109/k00/00m/040/207000c
 悲惨な話である。
 かといって、この種の悲劇を止める手立ては存在しない。
 もう、「家族」は富裕層の贅沢品なのだ。

ジェンダーフリー ジェンダーフリーで女性の社会進出が進み、「産む産まない」女性は女性の権利となり、結婚しても簡単に離婚してしまう時代の流れは決定的である。だって、男女平等に反対するんですか? そして、男女平等となれば、女性の社会進出も「産まない自由」も「ポンポン離婚する自由」も必然的に派生する。

 マルクスの言う通り、経済自由主義(資本主義)になれば、弱肉強食焼肉定食。富が一部に集中する一方、大量のプロレタリアートが生み出される。性的なものだって同じこと。自由主義にすれば、金持ちがパートナーをとっかえひっかえして多くの異性を独占する一方、大量の男余り女余りが生じるに決まっている。

 そもそも、自分の夢を実現することが、日本外国を問わず、自由で民主主義な国々では至宝の価値で絶対的な理想なのだ。子供なんて「自己実現の邪魔者」を産む筈もない。産んでも「国家が世話してくれ」。
 これがジェンダーフリーやダイバーシティーの「成果」である。

グローバル社会が嫌なら老人の皆殺し


 どうすれば今後増え続けるジジババを介護できるか。どうすれば少子高齢化を止められるか。
 もう、南米やアジアの貧困国から、慰安婦や徴用工を強制連行するしか無い。性奴隷をキモヲタにあてがって、産めよ増やせよ国のため、死に損ないジジババの世話も徴用工にタダ同然の給料で働かせる。

移民よりも子供を産める政策を 笑い事でなく、既に世の中はそうなってきている。これが「グローバル社会」なのだ。グローバル社会は「地球市民」と程遠い。世界規模で差別が拡大する未曾有の格差拡大を産み出したに過ぎない。

 この流れに反対することも、「レイシスト」「ヘイトスピーチ」となり、すでに事実上不可能である。
 そもそも、「移民反対!」「日本第一!」と言うのならば、じゃあどうやって少子高齢化や男余り女余りを解決するのか。職場で「そろそろキミも年頃だから」と発言したらセクハラになるのだ。
 「キモヲタはブスで我慢しろ。カタワよりはマシだろう。」なんて今では発言不能。しかし、昭和の時代は、別に国家が補助金なんか出さなくても、それでうまく回せたのだ。日本のみならず、欧米だってそれなりに回してきた。金(収入)が原因ではない。そこを見失った議論は全て無効である。

元栓を閉めない「持続可能」


SDGs もはや家族は贅沢品になってしまった。
 これは安倍さんが悪いのでもなく、自公政権の失政でもない。
 自由で民主主義な社会、自己実現や幸福追求を最大の正義とした社会が産み出した「ダイバーシティー」「ジェンダーフリー」「グローバル」を中心にした「リベラル」という悪魔が産み出したのだ。SDGsなんて全く意味がない。ジェンダーやグローバルという「元栓」を閉めていないのだから。

 もちろん、政権交代なんかしたら、何せ「リベラル」が原因でおかしくなったのだ。自民党安倍晋三を「極右」扱いする野党を新調させたら、もっとリベラルでもっとグローバルでもっとジェンダーフリーになり、子供を産む機械・装置が更に減少するのに、生産性のないlホモ・レズに税金が投入され、キモヲタ中年は差別主義者として卑下され、結婚に憧れる売れ残りデブブスも「自立した女性」を強制され、妥協して結婚するチャンスも完全になくなる。

原因は「金」ではない


 悪いのは安倍さんでも小泉構造改革でもない。菅義偉でも竹中平蔵でもない。
 共産主義という悪魔が形を変えて忍び込んだサイレントキラー、「グローバル」「ダイバーシティー」「ジェンダーフリー」etc、人間存在の不平等を無視した幼稚な「何でも自由」論なのだ。

 あえて言っておく。
 万が一、山本太郎の消費税ゼロが実現し、MMT様のおかげで財政赤字も問題にならず、日本が景気回復したとしても、もう「失われた家族」は戻ってこない。
 景気回復しても、富める者はますます富み、貧しいものはますます貧しくなる。もちろんキモヲタもデブブスも結婚できないし、片親の家庭も増え続け、そんな子供は当然まともに育たないのでパパ活・ママ活に励む。言うまでもなく、本文最初の「逆老老介護」も相変わらずになる。

 金銭が原因でないものを金銭で解決しても、所詮は弥縫策。
 ましてや「政権交代」したって、ますます「元栓」を開くだけなのだ。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

過去人気記事(2020.6.24~)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR