FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)・ ミニ水族館は豪華絢爛スター勢揃い

板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん) 全国一千万人の水族館ファンの皆様、こんにちは。
 火曜日の紀元節に、板橋区立熱帯環境植物館(別名「グリーンドームねったいかん」)に行ってまいりました。
 「植物館」となっていますが、「るるぶ水族館」に小さいけれどしっかりと紹介されてますので、きっと水族館があるのでしょう。

 今になって思えば、共産党ウオッチャー内では有名な松崎いたる元板橋区議会議員が、日本共産党の「闇」を知り、日本共産党と決別するきっかけになった「板橋区ホタル生態環境館」もこの近所にあったのです。
 今朝気がつきました。「跡地」を見てくればよかったでした。
 しかし、「グリーンドームねったいかん」にも日本共産党の暗い闇が渦巻いてたら、どうしましょう(笑)。

 

高島平団地 「グリーンドームねったいかん」は高島平にあります。
 東口に下車して下さい。高島平と言えば団地。しかし、団地と逆側の北口に行って下さい。
熱帯環境水族館への誘導標識 そして向かって右側(電車沿い)に直進。2~3分で、右にピンクの「Non brand」左に高島平塚病院の看板がある交差点があるので、病院看板側(左)に曲がる。注意してみると、熱帯環境水族館への誘導標識があります。標識の通り真っすぐ進むと、そのうちそれらしき建物が見えてきます。曲がる場所さえ間違えなければ、高島平駅から10分弱で着くと思います。

板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん) ねったいかん中に入ると、感じの良いお姉さんがさばいてくれます。
 入場料は販売機で買います。区内と区外に別れていますが、区内も区外も同料金、大人1人260円でした(笑)。何でしょう、あれ。会計処理上、区内と区外とを分ける必要があるんですかね。
 感じの良いお姉さんいわく、「地下のミニ水族館からどうぞ」、そんなことを言ってました。やっぱり水族館があったのですね。
 それでは、早速水族館に行ってみましょう。



 豪華なメンバーだなー。

 タカアシアニとかオトヒメエビとか巨大なエイ(ヒマンチュラ・チャオプラヤ)とか、メジャーな商業系の水族館で看板になってるスターを1匹ずつ読んだようなラインナップ。

 考えてみれば、板橋区には海もないし、淡水系の水族館のメンバーを集める大きな川もない(違ってたらごめん)。こういう「オールスター」構成になってしまうのか。
 「東南アジアの海ー美しいサンゴの森」コーナーには、水族館の華というべきカラフル系のお魚さん。チンアナコ(ニシキアナゴでした)やクマノミ・イソギンチャクコンビも揃っており、全国AKBグループと坂道グループから序列3位レベルを1名ずつ呼んだような顔ぶれです。

 おそらく、相当に金がかかってると思います。
 ここにも、日本共産党の深い闇が関わっているのでしょうか(笑)。

テッポウウオ 東南アジアの海

オトヒメエビさん 氏名不詳のお魚さん



 動画もお楽しみ下さい。どれも20秒前後で終わります。
 しかし、「ミニ」とは思えない豪華な顔ぶれ。

ジーベンロックナガクビガメさん。


ヒマンチュラ・チャオプラヤさん(ウロジムヌス・ホリレヒスさん)。




 さて、ミニ水族館を出ると、本来はメインの「熱帯植物」になります。

 あったか~い。

アブラヤシ 月橘
 私は分厚い徳利首セーターにジャンパーを着てたのですが、両方とも要りません。真冬の東京で、そんな気持ちにだっただけでも来た甲斐があったようです。

 幸せ気分で植物園を歩いていると、カレーの匂いがしてきました。

 なるほど、ここが入口に書いてあった「喫茶室クレア」か。
 しかし、こうやって東南アジア気分にさせて、カレーの匂いでカレー屋に誘導するとは、やっぱり日本共産党の深い闇が潜んでいたのだった(嘘)。




高島平ビール 日本共産党の深い闇に落ちて、セーターとジャンパーを脱がされた上に、カレーと高島平ビール2本を飲んでしまった。

 カレー屋を出ると、更に熱帯植物小道を経て、小イベント会場みたいなところに着く。お茶がどうのこうのという企画をやっていた。お土産も売っている。昆虫の標本やウーパールーパー(メキシコサラマンダー)もいた。

 客層はほぼ全員親子連れ。カップル系も女子会系も、殆ど見かけなかった。
 260円の価格を考えれば、板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)、なかなかお得だと思う。
 しかし、相当に金がかかっているだろう。植物の温室と水族館の維持だけでも、かなりの金がかかる気がした。





 最後に、植物園にいたカメさん。
 そんな大きなカメじゃないのに、歩くとメリメリと音がした。
 ではまた。

ビルマムツアシガメ
 
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR