FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

【負け続けるネトウヨ】ジャパニズム休刊について思う。

 「ジャパニズム(青林堂)」が2月10日発売の53号で休刊になったのを最近知った。

 
 レイシスト・差別主義者・ネトウヨの巣窟のように左派勢力から批判された極右雑誌。
 この本を読まなくなったので、休刊に気がつかなかった。
ジャパニズムは突如の休刊だったようだ
 実物を慌てて手に入れた。次号の発売日や拡販キャンペーンが普通に掲載されていた。
 雑誌として、あまりに情けない「終わり方」である。

 ただ、多くの人は休刊を予想していたのではないのか。

 あの「余命」を発掘し、日之丸街宣女子をヒットさせ、桜井誠らを積極的に起用、それなりに好評だった時期もあった。
 しかし、看板スターだった「テコンダー朴」に人気急上昇だった「愛国少女ウヨ子ちゃん」の2大人気漫画が同時に編集部とトラブルを起こし、作者が作品を引き上げた。
 更に、もう一つの人気漫画「日之丸街宣女子」も、出版社都合なのか連載が中止し、一気に盛り下がった。

「テコンダー朴」「愛国少女ウヨ子ちゃん」の2大スターを同時にトラブルで失う大失態 余命事件も影響があったかもしれないが、やはり「テコンダー朴」「愛国少女ウヨ子ちゃん」の2つが一気にトラブりで抜けてしまったのが著しくイメージを悪くした。
 「嫌韓」「極右」を売り物にする雑誌で、ああいう「自虐」「右も左も馬鹿にする」漫画を載せることは、あの雑誌に自由で開かれた印象を与える。ちなみに、桜井誠氏もテコンダー朴の大ファンだった。
 あの漫画2つが同時に消えるというのは、全盛時代のAKB48から前田敦子と篠田麻里子が同時に脱退したようなもの。「この出版社、何か問題がある」のイメージを内外に与えてしまった。



 あの2つの漫画が人気だったことは、日本の極右の健全性をしめしていた。言い換えれば、「自民党の右」に希望があったのだ。
 ああいう自虐漫画は、「ライバル」の週刊金曜日には絶対に掲載されない。週刊金曜日は、信者と心酔者以外は全て敵とみなす。しかしジャパニズムは、会社で上司にこき使われ家に帰り、ビールを飲みTwitterにログインすると匿名の愛国戦士に「変身」するOL、まるで読者の分身のような大鋤ジャパ子を見て、「あはは」と笑うことができる良質な人間を抱えていた。

ジャパニズム最終号になった53号 実際に、あの2作品が消えたジャパニズムは、既に休刊した「諸君!」を貧乏くさく古臭く胡散臭くしてデムパをまぶしたような読み物が続き、サラリーマンが肩の力を抜いて読むことができない。



 ある意味、「草の根保守」退潮を証明するような形になった。
 「保守がカッコいい」時代の終焉だったのかもしれない。

 もちろん、自称「リベラル」、左翼勢力の不人気・老人だらけは何一つ変わっていない。多くの人が韓国を好きになったわけでもなければ、ダイバーシティやグローバル地球市民の理念に共鳴したわけでもないし、ジェンダーフリーやLGBTに理解を示す人が増えたはずもない。むしろ、その後も左翼「リベラル」は若い世代を中心に、着実に信頼を失っている。もちろんテレビや新聞、更には「論壇」も加速度的に相対化され権威を失った。

 しかし、日本においては、オルタナティブとしての極右、現状否定としての極右、文化としての極右は成功しなかった。アメリカのトランプ大統領やヨーロッパの極右差別政党の大活躍ぶりを見れば明白である。

 左翼は論外。しかし自民党も頼りない。どうやら「自民党の右」に希望があるらしい。
 しかし、それを政治家・思想家が「提示」できない。 
 かくて大量の「支持政党なし」が生まれ、N国が奇蹟の当選を果たし、れいわ新選組の「金よこせ」「消費税0」がもてはやされ、幸福実現党が躍進する。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

過去人気記事(2020.5.7~)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR