fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

日本の政治がシヴァ神にポアされて良かったねっ

シヴァ神はポアする神様ではない。 オウム真理教で有名になったシヴァ神。
 日本では「破壊の神様」にされてしまったが、いつも「シェー」してる彼、地下鉄でポアする悪い神様ではない。く、本当は破壊した後に創造・維持するスクラップ&ビルドしてくれる経営者みたいな神様なのだ。

 今の日本は案外と「シヴァ神にポアされて良かったねっ」なのかもしれない。



 今年の日本、左右大小問わず政治団体に「対立」「分断」「混乱」が目立った気がする。
 左翼が典型だろう。例の立憲民主党をめぐる「本妻」連合と「愛人」日本共産党との三角関係。何しろ「連合の恋人」民民も三角関係に絡み、一方立民の党首泉健太も元民民。ますます恋の行方が分からなくなった。
公明党将来のホープから転落した遠山清彦さん 一方自公政権も混沌状態。相次ぐ逮捕者で腐敗ぶりが昭和に戻った自民党に業を煮やし、推薦なしも目立った公明党だけど、その公明党も遠山の金さん貸金疑惑でバタバタ、あんまり清潔とは言えない。

 それよりも、ネット内で目立つ「保守分裂」が気になった。
 最初はトランプ当選を巡る「勝ち組」「負け組」で、勝ち組がデムパに走る一方アメリカでは国会突入事件まで発生した。自民党総裁選では、高市早苗応援団の反河野言動が余りに酷いので、高市本人が「お前らやめろ迷惑だ」と悲鳴を上げる始末。
 ミニ政党でも、KAZUYA新党参政党からKAZUYAが抜けて、日本第一党からも岡村幹雄が脱退して崩壊過程に入ったとの見方も。N72党は相変わらずシラケ鳥を飛ばしまくっているし、前述「保守派デムパ問題」も相変わらずくすぶっている。



落選したお詫びに太ももを見せる辻元清美さん しかし、これらは「混乱」ではなく、「破壊の後の創造」、シヴァ神と諸々の真理勝者方のご意思に思えてきたのだ。

 今回の衆院選で多くの「大物候補」が落選したり比例復活当選だったりが話題になった。しかし、落選で最も話題になった2名、石原伸晃にしろ辻元清美にしろ、片っぽうは「応援団だけで勝ってる人」片っぽうは「アカい平成の田中角栄」。世代交代と考えれば、この2人、政界から消えても全く問題ない。
 甘利明や小沢一郎が選挙区で負けたのだって、日本政界全体の利益を考えれば「このジジイ有権者にポアされたのに、比例で転生するのおかしくね?」だろう。

 甘利も小沢も、石原伸晃や辻元清美ですら既に古くてダサいオワコンなのだ。立憲党首が泉健太になったのだって「社共共闘、馬鹿古すぎ」と考えれば分かる。ポピュリスト丸出しの維新が爆増したのだって、「破壊と創造」を望んだと考えれば納得する。



kyabazyouootakazumi.jpg 今の政治が「スクラップ&ビルド」の時期に見えてきた。自民党から日本第一党まで、破壊と創造の過程に入っている。その過程で古臭いものがポアされる。立花孝志や桜井誠がポアされるのは早い気がするけれど、一方「キャバ嬢」太田和美や「過激派」大石あきこなんて古臭そうな魂がトランスフォームして復活する。

 誰かポアして誰が転生するか。それはシヴァ神と有権者の御心一つである。
 慣れ親しんだ人が続々消えて混沌に見えても、破壊の後に創造が待っているのならば良いのではないか。

 それでは皆様、良いお年を!
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
西村雅史(本名本写真)。元オウマーです。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事ベスト20(2022.5.17~)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
7位
アクセスランキングを見る>>

リンク1

オウム真理教以外の破壊的カルト

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム