FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「ぶっ壊す力」立花孝志著@repicbookを読んでみた

ぶっ壊す力/立花孝志著/repicbook 立花孝志先生のご著書を読んでみた。
 タレント本のような作りで、分かりやすく、大きな活字やゴチックや強調が多い。

 もっとも、こういう本はどこまで本人が書いているのか分からない(完全ゴーストか口述筆記か)けれど、ここでは「本人の意見が反映している」ものとして扱う。
 既に、絶賛及び罵倒が出揃っているので、私なりに醒めた目で思ったことを書いてみます。



ちんこまんこ発言の立花孝志 文字通りタレント本というのかお説教本というのか、不良上がりのロック歌手やお笑いタレントが、若い男の子に「俺みたいに生きろ」と威張ってるような、そんな印象の本だった。
 一貫して自慢話。というのか、支持者からも批判さているキャバクラ豪遊や麻雀大会まで肯定・正当化している。

 ただ、既に爆発的な勢いを失い、立花離れが顕著な今、彼が訴える「人生のメッセージ」がどこまで読者に届くのか。
 そもそも、N国党に投票している人は、「BIGになった立花孝志」が見たかったのではない。参院に当選して、いよいよNHKにネチネチと報復する立花孝志が見たかったのだ。



立花孝志と夏目亜季 Youtubeに着目するようになったのは、senkaku38事件だったそうだ(P.40)。なかなか時代を見る目はある。

 話し相手が欲しいのならばキャバクラに行け。それが駄目なら病院の精神科。それも駄目ならニコニコ生放送がお勧め(P.105)。過疎ってる番組を見るのだそうだ。そこにコメントすると、大抵はコメントを返してくれるから。
 ここ、妙に印象に残った。よく観察しているなあ。あるいは、ご本人の実体験なのだろうか。

 党員が悪いことをした時に、内輪の人間を守ってあげる。一時的に支持率は落ちるが、長い目で見れば信頼につながる旨(P.61)。いかにも彼の行動様式である。ただ、何かあったらリ-ダーが責任を取る(P.165)ほどに責任感があるにようには思えない。
立花孝志と桜井誠 ただ、いい意味でのヤクザというのか、N国党を知ってから、どこか疑似家族のようか雰囲気を感じていた。参院選出馬前に出資をしてくれた人に対しては、市議会議員当選のために便宜を図り「特別扱い」するのは、当然といえば当然だろうが、彼の生き方のスタイルなのだ。

 本書のテーマとも言うべき「本当のことを言う」すなわち本音で語れ云々は、いかにも立花氏のイメージ。無論、都合の悪いことを全て言ってるわけではないけれど、他の政党に比べれば、戦術・戦略を格段に戦術・戦略をオープンにしている。
 例えば、最近の京都市長選、立花孝志が共産党陣営だったら、「えー、本来は絶望的で当選する確率はゼロです。しかし、村山祥栄がネットでブームになってまして、こいつ、ウチの党からすれば門川市長以上のネトウヨ。考え方、全然あきまへん。しかし、こいつが伸びれば伸びるほど、ウチが有利になります…」と真っ先に「事情」を支持者に説明する。
 確かに彼は、他党候補者よりも本当のことを誠実に説明する。



立花孝志と加陽麻里布 この本は「タレント本」の一種で、「他人に迷惑をかけなければ好きなようにやって良いんだぜ」「もっと自分のやりたいことをやろうぜ」という若い世代へのメッセージと考えれば、腹をたてるのがむしろ野暮なのだろう。
 しかし、この本を読んでいて、案外と、立花孝志氏は自分が成功した理由を知らないのでは。そんな気がしてきた。立花氏は、久保田学の抜擢以降の「怪しい候補者」「何あが起きるかわからないアナーキーさ」がN国を押し上げたのではなく、真剣に「自分の緻密な計算」で成功したと考えている。まさかとは思うが。

 しかし、どこか本人の論理とファンの理想とに齟齬があるのは事実だ。
 立花氏が語る「自由」とは、借金まみれなのにキャバクラに行ったり、選挙期間中に麻雀をしたりも含めた自由。
 しかし支持者・ファンが感じる「自由」は、候補者に前科者や地下アイドルを抜擢したり、補選や参院の選挙区に出馬させる候補を「売名目的」と明言したり、政見放送「腰が痛い」理論を開陳し、不倫路上カーセックスを連呼した、何が起きるか分からない「自由な」立花流選挙戦略である。



睡眠中の立花孝志 最近のN国の凋落ぶり、立花孝志が暴走したと考えるのが一般的だろう。
 しかし実は、最初から、立花孝志の脳内にあるNHKから国民を守る党と、N国フリークの脳内にあるNHKから国民を守る党とに相当なギャップがあったのではないか。
 最近も、立候補者に若い女性を抜擢しているようだが、果たして「若い」だけで通用するのか。かつて立花孝志氏が発掘した夏目亜季・佐藤恵理子・加陽麻里布は、美人だけじゃなく、どこかクセがあった。

睡眠中の立花孝志 立花氏は統一地方選前、まだ数議席だった頃、ある時期から、「右翼は嫌だ」とボヤいたり、「前科者ではなくちゃんとした高学歴の立候補者が希望するようになった」と自慢するようになった。
 しかし、立花ファンの多くは、単なる美人や単なる高学歴など望んでおるまい。

 一方、本当に優秀な美人や高学歴が、この党から出馬するメリットは、現在何もない
 ポスターも黄色で名前が目立たない「N国フォーマット」に縛られ、選挙カーはエンドレステープで「撃退シールを配布しております」を流さなければならない。こんなガチガチの選挙、若い野心家が望むだろうか。
 カピバラシステムは優れているが、完璧ではない。特にこの選挙スタイルは、立候補者の個性を消してしまい、立花氏のロボットに見せてしまう。

 統一地方選当選後から、「幻想の立花孝志」と「実際の立花孝志」とにギャップが生じ、参院選当選後に更に暴走に、その矛盾が決定的になった。そんな気がしてきた。

 ではまた。

イルカ? おらん。 「浜名湖体験学習施設ウォット」は、水族館王国静岡の隠れたる名所

イルカ? おらん。 イルカ? おらん。

 なんと力強く、かつごく一部の人間のツボをついた宣言。

 確かに、水族館には2種類の水族館が存在する。イルカショーがある水族館と、イルカショーがない水族館。
 しかし、イルカなし水族館で、それを勝ち誇る水族館は見たことがない。

 全国1000万人の水族館ファンの皆様、こんにちわ。
 水曜日に「浜名湖体験学習施設ウォット」というところに行ってきました。「体験学習施設」となっていますが、一応水族館です。しかしネットで調べても、紹介されていることは殆どありません。
 しかし、水族館銀座の静岡県で小さいながら生き残る、しかも思いっきりギャグを放ってくれる、おそらくは静岡県営の水族館である。



弁天島。浜名湖に何故鳥居が。 新幹線で浜松駅に進み、東海道線に乗り換えて弁天島駅で降りる。駅前には浜名湖。浜名湖に何故か謎の鳥居が聳え立っている。
 しかし、「浜名湖体験学習施設ウォット」は逆側にある。
ウォットの看板が見えたら左折 松林を進むと浜名湖体験学習施設ウォット降りたホームの左に、逆側に進むガードがあるのでくぐり、ひたすら直進。10分くらいか、けっこうかかる。
 すると、信号があり、向こう側に右の標識があるので、ここを左折する。

 松ぼっくりが落ちてる松林をしばらく進むと、駐車場があり、駐車場の向こうにそれらしきものが見える。しかし実は静岡県水産技術研究所で、ここからは入れない。実は、さっき見えた駐車場に入り、間違えそうな研究所の奥を目指す。後は看板なり上記の幟なりで、発見できると思う。



オニオコゼ、だと思う。 浜名湖体験学習施設となっているとおり、基本的に良い子の教育のための水族館の位置づけで、高校生以下は無料。
 小学校等の集団見学を想定しており、私のようなオッサンはお呼びじゃないのかもしれない。しかし、「イルカ? おらん」のセンスは小学生に通じるだろうか。
 ちなみに、お呼びじゃないオッサンの入場料は320円。

 残念ながら、大水槽が工事中だった。大水槽の前が20名程度の観客席になっていて、普段は良い子達に研究員が「ふれあい」「学習体験」をしているのだろう。
 浜名湖の生物、鰻や淡水系が中心だが、海系のタイの縦横ストライプやクマノミ系、サメにオコゼにウツボにオオグソクムシetcのゲテモノ系も揃っている。小学生の良い子のために、おそらく隣の水産技術研究所が奮発しているのだろう。
 なお右の写真は「パンダウナギ」。私には、パンダに見えないのだが。

保護色で見えない。よく見ると、他にもいる。 パンダウナギ



 階段で2Fに登る。
 2Fの階段の壁には、良い子からスタッフへのメッセージやイラストがたくさん貼ってある(左)。やっぱりここは「学習施設」なのだ。
 他に、スタッフからのコラム的な掲示もある(右)。私は、他のも含め全部読んでしまった。しかし、水族館の寿司屋ネタ、「イルカ、おらん」同様に、小学生の良い子に通じるだろうか。

良い子からの寄せ書き 研究員のハイブローすぎるコラム

 2Fには研究所風の展示場があり、ここが2Fのメインのようだ。
 蛸にカニにカメに何だかわからないゲテモノ系や初めて聞くUMA系(嘘)。デンキウナギに標本、カニのオスメスの見分け方… ここが見ていて、なかなか楽しめる。しかも、解説が「寿司屋の水族館員」風のハイブローすぎるギャグで攻めてくる。

 ※解説が全部こんな感覚。
ヨツユビツクリガメ(解説)ヨツユビツクリガメ

 ※コブヨコバサミさんとセミエビさん。
コブヨコバサミ セミエビ

 ※シャコとコロナウイルス(嘘)。ガンガゼさん。
シャココロナウイルス(嘘)。ガンガゼ。



 おまけの動画コーナー。
 私もウォットのスタッフを見習って、ハイブローギャグ2連発で攻めてみます。

秘蔵動画。コバンザメがひっつくのをやめた瞬間。



他の水族館では絶対に見られない! 派手に動くオオグソクムシ。




 そんなわけで、洒落好きの研究員が作った洒落みたいなミニ水族館。
 きっと、沢山の小学生が、研究員の優しい解説に満足しながらも、異次元感覚のギャグは理解できず、楽しい一日を過ごすのだろう。

 ネットで調べても、静岡4大水族館の影に隠れて、東海大学カイヨー科学博物館以上に、世間に知られていない。

 何しろ「水族館」って名乗ってないのだから、Googleっても出てこない。
 しかし、実はこれこそが、ウォット研究員が仕込んだ最高のハイブローなギャグなのかもしれない。


浜名湖体験学習施設ウォット

「オウマー」的なもの

※今日の写真は、横浜「ズーラシア」で撮影しました。

新幹線で生活圏に戻ってくると、強烈な虚しさに襲われる


 一昨日、代休でお休みだったので、浜名湖の近くにある「浜名湖体験学習施設ウォット」水族館という水族館に遊びに行ってきた。
 何せ平日、ガラガラ。沢山動画を撮ってきた。
 そして新幹線で帰る。新横浜に降りる。不思議な虚しさが襲ってくる。

 また「日常」が始まるのだ。

ズーラシアのらくださん どこかに遊びに行き、帰ってくる時、いつも「そんな感覚」に襲われる。
 オウマーバリバリだった頃、ごくたまに怪しいイベントに出演した時の帰り道もそうだった。何か、徐々に「日常」に戻ってくる。

 まあ考えてみれば、自分は「非日常」の部分が多少あるだけ、他の人よりも救われているのかもしれない。
 世の中のどれだけの人達が、仕事に充実感を持っているのだろうか。
 辛いこともあるが楽しいこともある。その中で自己を成長させる。そんな気分になったことは、殆どない。長くやればやるほど、恨みや憎しみが育っていくだけ。
 みなさんはどうだろうか。

「終わりなき日常」「退屈な日常」「不愉快な日常」


 オウム真理教騒動がまだド派手だった1995年~96年頃に、「終わりなき日常を生きろーオウム真理教完全克服マニュアル」という本が出た。宮台真司の出世作である。
 多分、読んだと思うのだが、内容を覚えていない。ブルセラショップでパンツ売ってる女子高生がどうのこうの、そんな内容だと思った。ブルセラショップ。そんなものがあったっけ。

ズーラシアのぞうさん もっとも、日本人はオウム真理教もブルセラショップも克服してしまった。いや、正確に言うと、克服したのはオウム真理教だけである。ブルセラショップは、その後JKデフレ経済悪化とIT技術の進化が同時進行し、本当にJKが履いてたかすら当てにならないパンツごときで、「お客様」が興奮しなくなったのが原因だろう。

 少なくとも自分にとって、「終わりなき日常」とは「退屈な日常」ではない。むしろ「不愉快な日常」なのだ。「悩みがないのが悩み」みたいな抽象的な悩みでない。もっと切実な、思わず「撒きたくなる」ような、世の中に対する怨嗟を含んだ感情。

「オウマー的なもの」はなくならない


 オウム真理教が退屈な日常から逃避したのか分からない。しかし、オウム真理教情報にハマること(オウマーになること)は、確実に「非日常の世界」を味あわせてくれる。
 尊師も良いけれど、「高弟」が良いのだ。みんな真面目そうで、犯罪なんか絶対にしそうにない。あれがツボなのだ。
 もしオウム真理教の実行犯が全員ミラレパみたいだったら、オウマーなんか生まれなかっただろう。

ズーラシアのきりんさん 死刑執行後ですら、僅かながら、若い世代に未だにオウマーが存在する。おそらくその人達の多くは、「日常」に充実感を感じていないだろう。

 おそらく「オウマー」が消えても、「オウマー的なもの」は絶対になくならない。
 人生に「勝者」「敗者」があり、それが実力にも人間性にも関係しない部分で決定する。それゆえ、人生に不満を抱えて生活する人はどうしても大量生産される。ましてや、もはや「家族は贅沢品」の日本。どこかで「不愉快な日常」から逃れられる「非日常的部分」を作らないと、多くの人間は真面目になんかやってられない。

ズーラシアで撮影した鳥さん(クジャク?)
 何もオウマーだけではない。実は、性犯罪がそれに近い(性犯罪者の頭の中by鈴木伸元@幻冬舎新書、ご参考に)。確かにJKのパンツ盗撮したり強姦りするのはワクワクするだろうし、難関を克服して「成功」したときには、人間の尊厳を取り戻したような感覚になるだろう。
 そう思えば、おかしなお店でシャンパンタワーで金をつぎ込むオバサンもきっとそうなのだ。いや、「酒」そのものがそうだ。

 ふと、思想業界なんてどうなんだろうと思った。
 日本第一党にしろNHKから国民を守る党にしろれいわ新選組にしろ幸福実現党にしろ、多くのボランティアで支えられている筈である。

 彼ら彼女らは、「充実した」活動を終えた後、帰宅する。その際に、家に近づくにつれて、「やるせなさ」を感じるだろうか。
 もしそうだったら、その人達も「オウマー」なのです。

 実は、あなたもオウマーかもしれない

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR