トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ついに連合にまで牙を剥いた日本共産党

 数日前にこんなニュースがあった。
連合へ働き手が異例のデモ 「残業代ゼロ、勝手に交渉」/朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASK7M5HXFK7MULFA01N.html
AS20170719005269_comm.jpg いわゆる「高度プロフェッショナル」年収1075万以上の残業ゼロを連合が認めたことに対して、「労働者」が「自主的」に結集し、連合が勝手に決めるなと抗議デモをしたというニュースである。労働者の代表である筈の連合が、労働者に抗議活動を食らったというのがウリのニュースである。
 しかし、「連合が代表でないのに勝手に決めた」って、何か不自然な主張である。じゃあ誰が決めればいいだろうか。そもそも、連合の代表に決定権なんかない。お伺いを立てただけである。
 そもそも、金融商品の開発やアナリストやコンサルタントや研究開発に従事している人がこのデモに参加しているのか。どうせ「次はあなたも狙われる」「労働者全員の残業がゼロ」の類の「治安維持法」「花見の下見」的な幼稚な扇動が狙いではないのか。ちなみに新聞記事中、「労働者に囲まれ、デモまでされる労働組合とは一体何なのか。恥だと思ってほしい」と語る「都内の清掃作業員、藤永大一郎」さんの名前でググって見ると、@kikugorou66という日本共産党信者のTwitterアカウントが目立つのだが、まあ偶然かもしれないので念のため。
 そんな事を調べなくても、このデモが日本共産党によるやらせデモであることは、大抵の人間は理解できるだろう。そして、いよいよ日本共産党は民進党の支持母体である連合に対しても揺さぶりをかけ始めたのだと思った。おそらく日本共産党は、この機会を虎視眈々と狙っていただろう。おそらく、既に多くのスパイを送り込んでいよう。

 そもそも労働組合の総元締め(ナショナルセンター)として、連合(日本労働組合総連合会)ができたのは、当時の政治状況、特に日本共産党をどう扱うかという「厄介な問題」が絡んでいた。もっといえば、連合とは日本共産党を排除するための組織だった。当時の政治状況(1980年代)はかなり今と似ていた。自民党一強の政治は良くない。しかし、当時野党第一党だった民進党ならぬ社会党には政権を任せられない。何故か。当時の社会党も左右対立が激しく、しかも左派が優勢。社会党は共産党をパートナーとして、憲法9条守れ、自衛隊反対、米軍は出て行け... これでは政権を任せようがない。かといって自民党も金権政治。簡単にいえば、今みたいな状況だったのだ。
 そこで社会党や労働組合の現実派は考えた。共産党をパートナーにするのではなく、公明党と民社党(労使協調の組合が結集している。政策的には右派色が強い)をパートナーにして、自民党に代わって政権を狙うべきであると。当時はそれを「社公民」と呼んでいた。要するに、共産党と社会党左派、特にガイキチの社会主義協会(社会党が政権を獲ったら独裁、反体政党は弾圧されると豪語する向坂逸郎がリーダー)がいる以上、国民が野党に政権を託する筈がないというわけである。
 そして大筋でこの路線は国民の支持を受け、何だかんだ一部で血みどろの戦いが繰り広げられ、その影響下で1989年に連合が結成。一方、政権から爪弾きになった日本共産党は共産党支持の労働組合で全労連を結成。一方ガイキチの社会主義協会は分裂を繰り返す。かくて左翼を排除した政権運営となるも、政党の離散集合は繰り返されながら、更に小選挙区制になり、共産排除の政治が25年続くことになる。
 私みたいなオッサンでないヤングは、連合=アカと思っているかもしれない。しかし、連合という労働組合はそもそも共産党排除を目的に作られたのであり、共産党にとっては、どうしても崩したかった(が非力なので崩せない)組織なのだ。しかし、連合そのものが弱体した上に、民進党も弱体化。積年の恨みを果たす絶好のチャンスである。
 考えてみれば、共産党は労働者の党と言いながら、一般的な民間企業の労組に影響力を殆ど持っていない。支持層はマスコミに教育に公務員に医師・弁護士等、高度にプロフェッショナルな人材が多い。労働運動上がりの幹部も少なくなり、あんまり「労働者の党」ではない。果たして、連合の労働者に赤い思想がどこまで通用するのか。大企業を敵とみなす思想である共産党の思想が、果たして大企業の労組員の心に響くか。

 ではまた。

次期民進党党首に有田芳生氏を!

 ついに安倍は平尾昌晃さんを殺してしまったようだね(笑)。
 しかし、何発北朝鮮がミサイルを撃とうが、何人有名人を殺そうとも、回復する気配が全くないのが民進党・蓮舫の人気である。国籍が3つあろうが100個あろうが、不人気は不人気、どうなるものでもない。いくら「かけもり」で自民党を罵っても、その自民党不信が民進党支持ではなく、共産党票や浮動票を増やしているだけである。
 このところ自分は「民進党だってかつては政権を取っていたわけだし、”安倍一強””自民一択”の現状も問題だから、民進党を批判するにしても、建設的な批判をすべきだ」とずっと思っていた。無論「オウマー日記流」のおちゃらかな提言だが、党首のAKB式総選挙をやるとか、ジャニーズのイケメンをスカウトするとか、開き直って後期高齢者に特化した政党になるとか、いろいろ考えてみたわけである。
 しかし思ったのだが、民進党が落ちぶれた原因は、本当に若手不在や二重国籍やブーメランなんだろうか。そこが違う気がするのである。無論「高齢化」は深刻な問題だが、その高齢化の原因だって「それ」ではないか。すなわち、民進党が国民の信頼を失ったのは、「プラカードをあげて反対するだけの政党」「沖縄左翼移民や自虐史観やLGBTのような左翼活動家の政党」になったからであり、要するに「日本共産党と組んだ」からである。民進党から大量の難民が流出するのだって、要するに民進党が共産党化したからである。
 そこを含めて、である。蓮舫の後釜は「あの人」が良いのではないだろうか。共産党との関係も必ずギクシャクするし、「若手活動家」もついてくるので若返りも期待できる。

 有田芳生参議院議員を次期民進党党首に推薦したい。

o0640042612310052992_20170723082316faa.jpg

 どうでしょうか。案外とこれ、適役なのである。
 何しろ赤旗に「一人おいて」紹介されてしまう男である。有田芳生は日本共産党にとって自民党よりも悪質な「反党分子」である。ほうっておいても共産党は民進党と一線を引くようになる。一方、しばき隊のような若手活動家のみならず、共産党圏の市民活動家だって有田芳生に恩義を感じている人は多いだろう。逆に共産票の切り崩しも狙える。
 そして何よりも、悪名も人気のうち、ネット保守論客が口汚く罵るので、話題騒然になること間違い無し。放っておいても「話題」を作ってくれる。そう、有田芳生という名前は、ネトウヨにとってもパヨクにとっても「気になる名前」であり、「政治的影響力」がある名前である。有田芳生は老人だが、有田を語る人たちは民進党が一番欲しかった「若い世代」である。
 無論、これは一種の賭けであり、ネット論客に潰されてしまう可能性も十分にある。しかし、今のままでは、本当に民進党は公明党に抜かれ、共産党の集票マシーンのままである。それにそもそも、今の民進党はそんな大物ぶって構えてるような状態だろうか。民進党の問題点は「共産党」と「高齢化」であるのは明白。両者を一挙に解決できる「有田芳生党首」という危険な賭けは、やってみる価値があると思うが。

 ではまた。

三原じゅん子を次期総理大臣に! 自民党は裸になって出直せ

 今週の週刊新潮にはこんな記事がある。
目玉は「三原じゅん子厚労大臣」! 「小泉進次郎」には逃げられた!? 検査入院で手負いの「安倍総理」トホホな内閣改造
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

DFFRyoTVoAA7Lsi.jpg

 確かにトホホである。三原じゅん子厚労大臣なんて中途半端だ。だいたい、今井絵理子がいじけるではないか。
 自民党は裸になって出直すべきなのだ。安倍晋三総理にはここでご勇退いただき、次期総理大臣に三原じゅん子さんをすえる。そう、三原じゅん子総理大臣でいくべきなのである。

 ここまで裸になれる国会議員がいるか!

三原じゅん子参議院議員のヘアヌード。

 透明な政治。何も隠さない政治。一切が情報公開されています。八紘一宇で愛国心も高い。何が問題だろうか。

三原じゅん子参議院議員のまんげ、陰毛。

 みんな笑うけど、でも、民進党の党首だって元オナドルですぞ。しかも、蓮舫と違って、三原じゅん子さんの国籍は日本一つです。ケンちゃん(宮脇康之)とラブロマンスだってあるのです。
 だって、三原じゅん子と蓮舫と志位和夫だったら、どれを選ぶ? 彼女が一番マシだと思うけど、みんなそう思わないのかな?

 アンケートを作りました。Twitterアカウントをお持ちの方、回答と拡散、ご協力お願いします。




 ケツの毛まで隠さない政治。モリ・カケで揺れる日本政治を救えるのは、八紘一宇の彼女しかいない。

三原じゅん子参議院議員のケツ

 GOGO! チアガール。チアガールのイメージに程遠いのにチアガールやった彼女にしかできない秘技、いちご隠し。

いちごでまんこを隠す三原じゅん子参議院議員

 いちごだけではなく、果物が好物である。
 言っておくが、これはバナナを食べているのであって、断じてフェラ○オではない。

バナナで擬似ファラチオをする三原じゅん子参議院議員

 何から何まで情報公開する三原じゅん子参議院議員。
 オナニーまで情報公開してくれるのだから、まさに次期総理大臣にふさわしいと言えよう。
 しかし、何故かどの写真も、おっぱいの情報公開が実に不十分である。

迫真オナニーをする三原じゅん子参議院議員

 彼女の乳の貧相さは国家機密である。北朝鮮や中国に知られたら一大事。

貧乳! 三原じゅん子参議院議員のビキニ。

 フケ顔なのに胸だけはロリな彼女のボディを外部に漏洩すると、特定機密保護法で逮捕される。
 日本は物言えぬ社会なのだ。戦前に逆戻りしたのだ。花見の下見だけで逮捕されるのだ。

貧乳! 三原じゅん子参議院議員のビキニ。

 何しろ、JS時代のの今井絵理子といい勝負...

imaieriko.jpg

ネット人気の日本第一党、マスコミ人気の日本共産党、そしてどっちからも嫌われる創価学会

 おはようございます。
 日本第一党党首桜井誠氏は今回の都議会議員選挙の惨敗に関して、故郷の福岡で開催した講演会で語っている。
 曰く、「結果としては惨敗だけど、自分たちの立ち位置を教えてもらった」と。今回の選挙は惨敗で、全く相手にされていない感覚を持ったようである。そして、党員に対して「ポスティング」「ビラ配り」とかそういう地味な活動が必要だ、「一人でも多くの人に認知してもらわなければしょうがない」「日本第一党という名前を覚えてもらわないといけない」と随分と地味な総括をしている(下記の動画、1:17:30~)。ビラを10枚配れば、ひょっとしたら一人の人が気がついてくれるかもしれないとか、小規模の講演会を開いてほしいとか、日本中を震撼させたヘイトモンスターとは思えない随分と地味な総括である。そして、2年後の統一地方選挙を目指すようである。
 上記の総括が本当に正しいのか、自分には納得出来ないところが多い。しかし「行動する保守」というけれど、いざ選挙となった際に、長期にわたりボランティアをしてくれるまで嫌韓に燃える人がどれだけいるのかと疑問だと前に思ったことがある。初陣の都知事選はともかく、最初の1議席まで辛抱して、ボランテイアでビラを撒いてポスターを貼って、選挙で敗けても敗けても、在日朝鮮人の全員国外退去の理想のために手弁当でやってくれる人がどれだけいるだろうか。多くの人は、ネットでチョンコの悪口書いたりして楽しんでるだけではないのか。在特会だって、街頭で「ゴキブリ蛆虫、在日朝鮮人を東京湾に叩き込め!」とか叫ぶのが面白いだけで、地道な選挙運動をやりたい人がどれだけいるだろうか。
 しかし、選挙に立候補すると、大量の「兵隊」が必要になるのは事実で、日本で政治家を目指し選挙に立候補する人は、そこで頭を抱えるらしい。何しろ、選挙の初歩とも言える「選挙公報用掲示板の全箇所ににポスターを貼る」という作業は予想以上に苦しいのだ。それなりの有名政党でも、選挙ポスターを貼りに行くと、先に共産党が貼ってあって、感心?するらしい。老人党員が自転車こいで全部貼ってしまうと。そういえば、橋下徹さんが、あの選挙ポスター掲示板、最初は同じ場所に一箇所においてあるのだから、そこで貼らせてくれれば、「選挙に金がかかる」現状を少しでも変えられるとネットに書いていた。あのポスター貼りは相当な難物のようである。
 そして、ポスター貼りだけではない。ビラ配りに街宣に電話攻勢にネット対策に、兵隊をたくさん雇うには、当然に金がかかる。ところが、大量の兵隊を無料調達できる政党もあるのだ。

 今週の週刊文春に、下記のような記事があるらしい。
公明党の逆襲 もう自民党の「上から目線」は通用しない
http://bunshun.jp/articles/-/3406
『都議選では、自民党と決別し、小池百合子知事と連携し全員当選を果たした公明党。自民党中堅議員は真剣な顔で打ち明ける。
「公明党と創価学会の協力がなければ、選挙は戦えないということがはっきり分かった」』

 結局、自民党は創価学会を切れないわけである。
 考えてみると、マスコミでは悪魔のように扱われるがネットでは人気がある桜井誠と違って、創価学会・公明党はネットでは抜群の不人気を誇っているのみならず、マスコミでも抜群の不人気なのだ。マスコミでは人気だけどネットでは不人気の共産党ですら、今では多くの「パヨク」が活躍し、特にはネトウヨを凌駕する。しかし、創価びいきの発言を繰り返す「ネトイケ」なんか見たことがない。
 しかし、創価学会は定期的に他人の家にずかずか上がり込み「座談会」を行い、リアルな人間関係のネットワークを築いている。ネット上の極めて薄い「嫌韓の輪」「愛国の炎」なんか、あんまり威力がないのだ。確かに民進党蓮舫を追い込んだのにネットの力があったのは事実だが、それがポスター貼りにまで結びつかない。
 マスコミからも嫌われネットからも嫌われてるのに、いざ選挙になると大勝利する大聖人の仏法の偉大なお力?が作った創価学会のリア充ネットワークは、憂さ晴らし感覚で「愛国仲間の連帯」を楽しむだけの嫌韓ネットワークよりも遥かに強固である。
 そういえば、日本第一党が力を入れている講演会活動だって、創価学会は全国を細かなブロックに分けて、座談会だ衛星中継だと、延々とやってきたのである。新聞も聖教新聞で間に合わせる。毎日新聞みたいなボロ大新聞よりも売れていそうだし、何よりも読まれている。
 フランスではカルトに認定されてるなんて戯言、「リア充」には通用しないのだ。 

【2017/7/16】福岡・佐賀・大分 三県合同講演会『誠のあるけん博多たい!』

Google「JCセックス」を表示せず警告文を表示/橋下徹、有田芳生のダブスタを批判

 おはようございます。
 最近はGoogleも物分りが悪くなった。利用者の望むものを表示しないどころか、嫌がらせで警告文まで出しやがる。あ、いや、Googleもやっと児童の人権を守るようになって良かったです。この調子で頑張って欲しい。
 なのに、私の友人が「全くこれじゃ使い物にならない」って怒り狂っています。全く、変質者は一人残らずとっとと花見の下見で逮捕してもらいたいものです。

女子中学生とセックス



 もう一本。戸籍ネタ。
 なるほど。
橋下徹氏が有田芳生参院議員に激怒 有田氏、蓮舫氏の二重国籍問題は「人権侵害」 橋下氏の出自暴露は「面白い」 「ダブルスタンダードだ」「有田、早く辞職しろ」/産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/170719/plt1707190048-n1.html
『民進党の蓮舫代表(49)が自身の戸籍謄本の一部など関係書類を公開した件で、有田氏が蓮舫氏に公開を求めた人々を「差別だ」として非難したことを、橋下氏は自分の出自が週刊朝日に報じられた際には有田氏が「面白い」と言っていたと指摘し、「自分の嫌いな相手なら面白く、自分の所属する党の代表なら人権問題にするのか」として、有田氏の姿勢を「ダブルスタンダード」と激しく批判した。』
 週刊朝日幻のルポルタージュ「ハシシタ、奴の本性」を有田芳生は面白いと評価していたのですか。もちろん、人権侵害されているのがハシゲさんだからこそ、有田芳生は「面白い」と評価したわけです。
 「ダブスタ」という言葉も随分と日本語として定着しました。しかし、政治的発言ではどうしてもしばしば生じてしまいます。敵の失態は大きく、味方の失態は笑って誤魔化すのが政治である一方、道徳というものは概して「敵に優しく味方に厳しい」ことをを要求します。
 左翼に道徳的人間がいれば、「鳥越のカイヨーレイプは許してはいけない」「初鹿明博のズボン脱ぎやホテル強制連行、女性を性欲のはけぐちとみなす男は追放せよ」「その点、安倍総理は夫婦円満、素晴らしい。左翼も見習うべきである。」と発言するだろう。しかし政治的人間は鳥越や初鹿は「陰謀」「冤罪」「真実は分からない」「文春は安倍の手先」等で言葉を濁し、伊藤詩織の強姦事件のみ「犯人は安倍シンパ」というところを強調する一方、TBS批判に誘導されないように腐心する。
 一人でも多いほうが正しいとみなす政治の世界と、誰が見てなくても神との約束を遵守せよと命令する道徳とが、同じ判断をするはずがない。キリストは「汝の敵を愛せ」と説くが、信者の政治家は汝の味方を裏切って自らの野望を叶える。しかも、不倫のごとき性犯罪の類や賄賂のごとき金銭問題の類は、時代を超え国を超え政治を超え思想を超え、なくなったためしがない。だから多くの人は、他人を声高に罵る政治家を眉唾で見る。
 やはり政治は道徳ではなく政策で判断すべきである。そもそも、日本を侵略する北朝鮮や中国を「愛せよ信ぜよ」でやっていける筈がない。もちろん政治だって世界の人が幸福になるのが理想だが、人類滅亡の可能性も想定するのが政治である。そして、日本人は全員、日本が滅亡しては困るのである。

 と、なんか関係のない話になってしまった。ではまた。

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
20位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム