トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

隠れ共産党支持者、産経新聞高木桂一記者のミスに一斉に噛み付く

 昨日電車の中でTwitterを読んでたら、江川紹子氏が沖縄問題で誤報した産経新聞を批判していた。文章を読んでみると、その記事を書いたのは共産党批判で有名な高木桂一氏であることが分かった。
 「おそらく隠れ共産党支持者が、チャンスとばかり総攻撃をかけるのかな」と思ってGoogleで検索してみたら、それほどでもないので安心したが、Twitterではやってるやってる。フェイクニュースだネトウヨのでデマだ、高木桂一を嘘つきだ更迭しろ法螺吹きだと口汚く罵っていた。
 そりゃーアカだもの。今後はことあるごとにこの件を持ち出すだろう。そうでなくても、左翼が絶賛する「オール沖縄」の正体が次々と暴かれ、沖縄地元紙の左翼偏向報道がすっかり知れ渡った今、憂さ晴らししたくなるのも無理はない。

産経新聞はなぜ間違ったのか~沖縄メディアを叩いた誤報の真の理由/江川紹子
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20180215-00081657/
産経新聞の報道を米軍が否定【ネトウヨ拡散情報を信じ取材しなかった可能性】
https://law-news.idest.club/2018/01/30/sankei/
c58e8bbc.jpg 事の顛末は、「沖縄で車の玉突き事故が発生して、米軍の兵隊参賀が日本人を助けたが自らは重体になったという話が、どうも助けてなかったらしい」というミス。「米軍人が苦しんでいる人を無視したと報道したが実は助けていた」ではなく、「助けたと書いたが実は助けてなかった」のだから、それほど重いミスではない。沖縄の米軍人が善意の人であると報道されるのがそんなに不愉快だったのだろうか。あるいは、保守派から袋叩きの琉球新報・沖縄タイムスに対して「報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ」と書いたので、反米大好き・米軍基地大嫌いの共産党支持者は憂さ晴らししたくなったのか。しかもやったのが日本共産党批判で有名な高木桂一記者なのだから。
 今回のミスは、共産党や過激派を応援している左翼にとって、誤報どころか朗報だったのは間違いあるまい。どうも出処がSNS(Facebook)だったのも左翼にとって嬉しい知らせだっただろう。「ネトウヨのデマを信じた産経新聞」とウキウキ気分。しかし、こんな憂さ晴らしで、共産党や過激派の劣勢を回復できるのだろうか。

 朝日新聞の従軍慰安婦強制連行報道の多くが捏造だったことが発覚した際に、多くの左翼が「報道に捏造はあったが従軍慰安婦はあった」で開き直った。同じようにやればいいのだ。今回ミスがあっても、沖縄二紙の報道はひどい(もっとも、自分は読んだことないけど)のは事実なのだから、別に何かが変わったわけではない。実際問題、米軍の美談があったら、琉球新報・沖縄タイムスは報道しなかったんじゃないだろうか。
 江川紹子氏は上記の文章で『高木記者の最大の間違いは、それに乗じて、沖縄2紙を罵倒したことだ。というより、それがそもそもの目的で行われた取材であり、厳しい言い方をすれば、不幸な事故も美談も、そのためのネタでしかなかった。』と書かれている。しかし多くのマスコミ報道は、選挙での左翼集団が推薦する候補の勝利のために『厳しい言い方をすれば、不幸な事故も美談も、そのためのネタでしかなかった』報道をしてきたのではないのか。だから県外から動員された過激派の呆れた実態を報道せず、米軍のミスや性犯罪を事さらに騒ぎ立てたのではないのか。
 また江川氏は『何のために報じるか。誰のために記事を書くのか。その根本のところで、高木記者は誤ったのではないか。』と書いている。多くの国民がマスコミの沖縄報道に疑問を持つようになったのは、まさにそこなのだ。あの過激派擁護や米軍のミス探しや性犯罪は『何のために報じるか。誰のために記事を書くのか』。共産党のような左翼政党を勢いづかせ、米軍基地を日本から撤退させるためではないのか。少なくとも、日本の一般国民の声ではない。

 こんな事をやっても、左翼活動家が国民の支持を回復できるとは思えない。しかし、萎縮効果は十二分にある。「ネトウヨのデマ」攻撃に怯むことなく、正しいと思うことは言い続けよう。

 ではまた。

神奈川新聞熊坂哲司記者、女子高生のスカート内を領空侵犯、撮影したパンツはHD15台

 今日は桜井誠さんのお誕生日です。センイル チュカヘヨ!(と言うそうです)

 朝日新聞に続け! 神奈川新聞も「取材」力ならば負けません。
 あの石橋学さんを擁する神奈川新聞。性的少数者のベテラン記者による熱心な取材活動を国家権力が妨害しました。
神奈川新聞前支社長を逮捕 スカート内盗撮容疑/神奈川新聞
http://www.sankei.com/affairs/news/180213/afr1802130033-n1.html
『女子高校生のスカート内を盗撮したなどとして、神奈川県警横須賀署は13日、県迷惑行為防止条例違反と住居侵入の疑いで、神奈川新聞社の前横須賀支社長、熊坂哲司容疑者(59)=横浜市南区六ツ川=を逮捕した。署によると、容疑を認めている。』
神奈川新聞前支社長、ペン型や時計型カメラで盗撮か/テレビ朝日
http://www.sankei.com/affairs/news/180213/afr1802130033-n1.html
『その後の警察への取材で、熊坂容疑者は腕時計型やペン型など複数のカメラを使い分け、通勤時などに日常的に犯行に及んでいたということです。押収された15台のハードディスクからは盗撮したとみられる写真や動画が数万点見つかりました。熊坂容疑者は「5年ほど前から始めて数百件はやった」と容疑を認めています。』 
女子高生を5年に渡り尾行取材した神奈川新聞社の熊坂哲司
 素晴らしいブン屋魂。5年前から制服女子高生を追い続け、その「取材成果」がハードディスク15台。腕時計型・ペン型等複数のカメラを使い分けて女子高生のスカートの中の真相を追い続けたというのだから、きっと新聞記者としても有能だったのではないでしょうか。
 しかし、腕時計型カメラやペン型カメラで、どうやって制服JKのパンツが盗撮できるのでしょうか。おそらく、これらは顔写真撮影用で、パンツは別のカメラを使っていたような気がします。例えば、下のような機種。
靴に小型カメラ忍ばせ盗撮図った疑い 会社員の男逮捕/産経新聞
http://www.sankei.com/west/news/180119/wst1801190067-n1.html
『スニーカーの中に小型カメラを忍ばせ、電車内で通学中の女子高校生(17)のスカートの中を盗撮しようとしたとして、愛知県警瑞穂署などは19日、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、同県岡崎市城北町の会社員、神尾信行容疑者(36)を現行犯逮捕した。
 同署によると、神尾容疑者はスニーカーのつま先部分に直径数ミリの穴を開け、カメラを装着。リモコンでカメラの録画操作をしていたという。』

 最近のハイテク技術は凄いですね。靴先に忍ばせたカメラをリモコンで遠隔操作するのですか。



 昨日Twitter見てて、拍手喝采が多かったのがこれ。
安倍首相、専守防衛「厳しい戦略」=長距離ミサイルの必要性強調-衆院予算委/時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021400194
『衆院予算委員会は14日午前、安倍晋三首相と関係閣僚出席の下、外交・安全保障問題などに関する集中審議を行った。首相は日本の安全保障政策の基本である専守防衛について、堅持する考えを示しつつ「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しい。相手からの第一撃を事実上甘受し、国土が戦場になりかねないものだ」と述べた。』
 そのとおりです。専守防衛ですから、ひたすら火の粉を振り払うだけ。相手が攻めてきた時のみ対応する。まるで神奈川新聞や朝日新聞の盗撮記者に対抗する女子高生です。いや、スカートの下に足を突っ込まれただけでは駄目で、電車の揺れに合わせて手の甲でケツを撫でられた時点で、やっと防衛できるのが専守防衛じゃないですか。
 そもそも、日本国憲法9条では、1項で戦争の放棄、2項で戦力の不保持を定めてるんだから、本当は専守防衛すら出来ないのです。それを自衛権という隠れ蓑で、どうにもで解釈できるようにしてるのが日本の防衛論。前にも書いたけど、自衛権って性欲みたいなもので、性欲はあるけど全男性の公正と信義は信頼できないので、一切の性行為を禁止したのが憲法9条。それを9条はあるけど自衛権は認められてるから、盗撮はいいだろう痴漢は良いはずだとやってるのが、日本の防衛議論。
 なるほど、増田啓佑さんや熊坂哲司さんは、平和憲法大好きな新聞社にいながら。女子高生のスカート内を領空侵犯するのが好きなわけだ。

 ではまた。

LGBTに配慮してバレンタインデー廃止、

 って見出しは嘘。
 しかし、笑い事ではない。

 何度も書くけど、中学生時代の「私は男かもor女かも」なんて、麻疹のようなもの。「あはは」と笑い飛ばせばそれで済む話である。それを隠れ共産党支持者が悪用して、ジェンダー仮説(ジェンダー物語)を具体化するために、変態便所を作ったり役所の書類から性別欄をなくしたり。こんなの変態と左翼女性活動家以外に誰も望んでないのに、である。
千葉の新中学、性別問わずスカートOKへ 「ジェンダーレス」制服導入の狙いを市教委に聞いた
http://news.livedoor.com/article/detail/14273748/
20150301041057.jpg いったい中学で何を教え込んでるのやら。そんなにホモやオカマが増えるのが嬉しいのだろうか。「何か変だ」「何かが根本的に狂ってる」と思ってる人も多いのだが、これが欧米共通の病理、おっとっと欧米では常識になってしまったのだから始末が悪い。
 実際に、バレンタインデーなんて、薄気味悪いホモ野郎や彼女に不自由なキモヲタの方々にとって、こんな不愉快な日はない。自分が男と思い込んだいかれた女、おっとっとトランスジェンダーとやらも、さぞかし不愉快だろう。スカトロの方も、チョコではなくウンコをプレゼント交換したいだろう。糖尿病の方への配慮も必要だ。バレンタインデーがダイバーシティーに逆行していることは明白。どうして共産党や立民党は国会前でバレンタインデー廃止のラップをはじめないのか。

IOC委員「力強いメッセージ」、同性愛を公表した最初の金メダリストを称賛/AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3162295
 メダリストがホモだと開き直るのが美談でニュースになるのが今の文明国なのであり、リベラルでダイバーシティでLGBTなのだ。しかし、賞賛されるのは性別をぼやかすのに悪用できるLGBTだけ、別に性的少数者の人権を擁護している訳でもなんでもない。
長野五輪銅メダリストを逮捕=ショートトラック、暴行容疑-愛知県警/時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017113001284
『列車内で女性に体液を掛けたとして、愛知県警安城署は30日、暴行容疑で岐阜県羽島市福寿町千代田、会社員植松仁容疑者(43)を逮捕した。植松容疑者は、1998年長野冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子500メートルの銅メダリスト。』
 この元メダリストで性的少数者の植松仁さんがメダル授与の際に、「私は女性に自分のザーメンをぶっかけると興奮するんですよ」とカムアウトしたら、IOC委員は賞賛してくれるのだろうか。
 話はオリンピック選手に限らない。大洋ホエールズで活躍した中山裕章さんのような性的少数者には、何せ交際相手を探すことが法的に禁じられているのだから、性欲が満たされない分を国家が金銭で保証すべきではないだろうか。中山裕章さんだって、何も好き好んでペドフィリアになったわけではない。最近はジュニアアイドルどころか制服AVも駄目だそうだから、国家が金銭保証をする範囲はかなり広がるだろう。ホモやレズに結婚や出産(!)の権利を与えたり、オカマやオナベに変態用便所・更衣室・シャワーまで作ったのだから、ロリコン補償くらい当たり前すぎる当然の話。いや、それでも世間の偏見によって歪んでしまったネクロフィリアの方々の心が戻ることなどはないのだ。許すな差別!
 ホモもレズもトランス何ちゃらも、所詮は精神異常に過ぎない。しかし日本人は「ま、人好き好きだ」と別に咎めることなくやってきた。それを隠れ共産党支持者が悪用し、変態性欲をカムアウトするのが美談であるかのように中学生を煽るようになってしまった。ただそれだけの話。大半の国民にとっては迷惑なだけ。

 さて、みなさん。昔に比べて日本が「少数者に優しい社会」になったって思います?
 ワインの色したサセッパー。ではまた。

極右の安倍晋三長期政権なのに、順調に左傾するのは何故?

女子プロレスで戦う気持ち悪いオカマレスラー 安倍総理は右翼、人によっては極右だという。
 しかし、極右政権が議会で圧倒的多数を占めているのに、日本はちっとも右傾化しない。天皇陛下の神性・元首性が強調されたり、移民が排除されたり、家族や孝行が重視されたり、ちっとも右傾感が感じられない。それどころか、欧米を見習い、高校でオカマの男子生徒が「私はオカマ」と全校生徒の前でカムアウトしたり、女子プロレスにオカマの男が女性として戦ったり、そんな話が「美談」として堂々と大新聞を飾る。
 だいたい、女子プロレスにオカマが参戦したら、リップ・ロジャーズのようなオカマレスラーはどうすればいいのか。アドリアン・アドニスのような大物もオカマレスラーをやってたくらい、「気持ち悪い」オカマのレスラーはプロレスの定番だったのだ。まあプロレス業界は日本では絶滅寸前なので大きな影響はないだろうが、アメリカやメキシコではどうしてるんだろうか、オカマレスラー。
 「私は女かもしれない」「私は男かもしれない」なんて、若き日の思い違い、下らない麻疹ににすぎない。それをジェンダーや「男性優位」社会破壊を企む珍妙左翼が悪用して「それはトランスジェンダーで、おかしなことではない」と唆す。そしてその主張は、悲しいことに「欧米並みに」受け入れられていった。

 一方、エロ業界ではこんな話もある。
“制服すらNG”で沈む業界… 最後の希望は「同人AV」しかないのか/サイゾー
http://www.cyzo.com/2018/02/post_150959_entry.html
『まず、さまざまな作品で増えているのが冒頭などに字幕で表示される「同意を得て撮影しています」の文字。これは、社会問題化する出演強要に対応したものだが、それに加えて表現の方法やタイトルにまで、さまざまな規制が及んでいるのだ。』
『「タイトルに“ロリ”などの表現は、もってのほか。それに加えて、昨年からは女子高生などをイメージさせる制服も許されなくなりました。これまでの制作では、ルーティーンでシチュエーションのひとつに制服を入れることもありましたが、もう使うこともできませんよ」』
 「同意を得て撮影しています」にも吹き出したが、制服も駄目なんですか。そのうちAVもLGBTに屈服し、性別を推定する表現は一切禁止、若い姉ちゃんの裸を見ようと思ったら気味悪いホモセックスを見せつけられて、しかもLGBTなんだからそれで抜けとか、そんな時代になるのだろうか。
 少し前まで少年向け青年向け雑誌の表紙には、毎日のようにAKB48のメンバーが脱ぎまくってビキニを競うあうように披露していたのに、殆ど消えてしまった。これも「欧米並み」になり、日本の恥じすべきロリコン文化が駆逐されて正常化したということなのだろう。それにしても、石原慎太郎都政の時に、エロ漫画をコンビニの別枠に置いて、酷いロリマンガを謙抑的に規制しようとしただけで、基地外のように左翼が反対キャンペーンを行っていたのに、彼ら彼女らはどこに行ったのだろう。

坂本龍馬は教科書に必要か 大政奉還や薩長同盟、史実は/朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASL174FXXL17UWPJ003.html
歴史の教科書から「坂本龍馬」が消える? 東大教授に聞く「歴史にロマンはいらない?」/HUFFPOST
『「気候変動」「グローバル化」などの追加が検討されている一方で、日本史分野の削減対象にあげられているのが「坂本龍馬」「大岡忠相(大岡越前)」「武田信玄」「上杉謙信」「吉田松陰」だ。いわば歴史上の"スター"だが、なぜ教科書から消える可能性があるのか。『けやきヒル'sNEWS』(AbemaTV)では、歴史学者で日本史を専門とする東京大学教授の本郷和人氏に…』
 吉田松陰が消えるとつボイノリオが困るし、上杉謙信が消えるとGACKTが困ると思うぞ。と冗談はともかく、あたかも大学入試の受験が原因かのように書かれているが、どこか「歴史上の偉人を消す」作業に思えて仕方がない。「聖徳太子ではなく厩戸王と書き換えろ」と同じ匂いを嗅ぐ。1192作ろう鎌倉幕府がなくなったのは笑い話で済むが、これらは本当に「受験生の負担軽減」なんだろうか。そもそも、有名大学は教科書の範囲なんかどこも守ってないに決まってるでしょ。
 そういえば、「士農工商」という言葉も日本史から消えたらしいが、本当だろうか。まさか、「そういう」意味ではと勘ぐりたくなるのだが...

 幸か不幸か、日本に憲法9条というものがある。そして、これを変えるか変えないかが、日本の右と左とを分ける分水嶺になっている。しかし、戦争放棄と非武装を定めた憲法なんて持ってるのは日本くらいのもの。アメリカもドイツもイギリスもフランスもイタリアもあそこもあそこも、こんな憲法もってない。これらの国々は軍国主義でナチでヒトラーが支配する全体主義国家なのだろうか。それどころか、選挙ごとに「軍隊が必要か否か(憲法9条を変えるか否か)」を真顔で議論する国は日本だけだろう。
 日本の選挙では、常に「軍事問題」が争点になり、本当に右傾した政策が議論されない気がする。いや、道徳を強化すれば軍国主義、愛国心を強調すれば軍国主義。それに欧米型のむき出しで歪んだ自由主義や平等主義が定着する。産む産まないは自由で結婚するしないも自由。おそらく、全てにおいて男女が平等になるまで続けられるだろう。
 そもそも安倍様を信仰する安倍信者も、日本の文化を擁護することを期待して自民党に一票を投じたのだろうか。おそらく、雇用や景気に期待したか、民進三派や共産よりは遥かに正常だから投票しただけだろう。
 かくて日本は欧米の後を追う。欧米と違うのは、レイシスト・移民排斥主義者が国会で多数の議席を占めてないところくらい。今の日本をどうすれば、軍国主義になれるのだろうか。

 ではまた。

モルゲッソヨは盗作? 統一旗掲げて南北仲良く反米宣言?

 社民党八王子市議会議員の佐藤あずさが、中川淳一郎にボコられて拗ねてTwitterのアカウントを自主停止するそうです。まあ、戦う相手が悪かったともいえなくないが、どうして左翼ってこうなんだろう。批判する時はと優越感に浸り攻撃するが、自分が批判される側に回ると「攻撃された!」。「我こそが正義なり」「自分は弱者の味方。他人は強者の味方」と思い上がってるからこうなるんです。
中川淳一郎氏が社民党市議の「日本社会は女性にとって地獄」発言に「俺ら夫婦を不幸な人間扱いするな!」と絡んだ挙句「被害者ぶるな」と自分自身が被害者ぶる
https://togetter.com/li/1198333



 モルゲッソヨが評判の韓国平昌五輪だが、なんとこれが盗作だったことが判明した。盗作どころか「反米オブジェ」とも取られかねない作品だったのだ。
「モルゲッソヨ像」の正体とは? 実はアブグレイブ刑務所での捕虜虐待・拷問を批判する意味を持つ反米のモニュメントだった~ネットの反応「米国の拷問への抗議の像? 何もオリンピックの場に飾らなくても…」「これ拡散だな!」
http://anonymous-post.com/archives/19277

IMG_20180210_220833.jpg イラク戦争の際に、囚人虐待が話題になったのを覚えている人も多いと思う。左のような写真が各種報道機関を席巻し、中にはAVの偽物写真もあり、てんやわんやだった。
 その虐待を描いた絵画に『虐待 - 米国の刑務所員によるイラク囚人の拷問を描写しているコローウェルの絵画』というのがあり、それとモルゲッソヨがそっくりなのである。確かにモルゲッソヨは何かを被っているようにも見え、チ◯ポは小さいけれども(韓国標準仕様かも)、丸出しであり、虐待された捕虜にも見える。

IMG_20180210_220828.jpg
 右がその作品。確かにパクリっぽい。
 ある意味、パクリだったら「ありゃまあ、さすが韓国」で終わりである。しかし、これが本当に「アメリカへの政治メッセージ」だったら、事は深刻である。統一旗を高く掲げて、いよいよ高麗連邦共和国樹立。北も反米、南も反米。朝鮮半島が共産主義・プロレタリア独裁。「平和の祭典オリンピック」どころか、南北が結託した戦争前夜を象徴するオリンピックになりかねない。

 ちなみに、パクリのモルゲッソヨと違って、本物の朝鮮キャラも登場しているが...
【緊急拡散】平昌五輪に人面鳥登場!/戦後体制の超克
https://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12351367633.html

kimiwarui.jpg

kimiwarui2.jpg

気持ち悪ーい!

 何だこりゃ。怪奇大作戦か。ちなみにこれ、「高句麗時代の壁画に描かれた」そうだから、手搏図みたいに万能壁画なんだろうか。

 ではまた。

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
10位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム